メイン画像

中国地方は大気の状態が不安定で、明日13日(水)未明まで、急な強い雨や落雷、突風、降ヒョウなど、天気の急変に注意が必要です。

明日13日未明まで急な強い雨や落雷 突風に注意を

画像A

低気圧が発達しながら東進している影響で、中国地方では低気圧に吹き込む北寄りの風が強まり、雨の降っている所があります。
更にこのあと、夕方には中国地方の上空5500m付近に、マイナス30℃以下の寒気が流れ込み、大気の状態が不安定になる見込みです。
日本海側の地域を中心に所々で雨が降り、雷を伴う所があるでしょう。明日13日(水)の未明まで、急な強い雨や落雷、突風、降ヒョウに注意が必要です。

発達した雨雲が近づいたら

画像B

外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単にわかる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。

明日13日(水)は天気回復

画像C

明日13日(水)は高気圧に覆われて、山陽は朝から全般に晴れるでしょう。
山陰は、寒気や湿った空気の影響で午前中は東部を中心に雲が多く、明け方まで雨や雪の降る所がある見込みです。未明まで雷を伴う所があるでしょう。午後は晴れる見込みです。

日中の最高気温は山陽で15℃くらいになり、日差しのぬくもりが感じられるでしょう。