メイン画像

今日12日(火)は、活発な雨雲が関東地方に接近中。まだ弱い雨の所も油断禁物です。夕方から急に雨や風が強まり、沿岸部を中心に台風並みの暴風やバケツをひっくり返したような激しい雨に警戒。すでに千葉県沿岸部には「暴風警報」、千葉県と神奈川県の一部に「波浪警報」発表中。帰宅時間帯が荒天のピークとなるため、交通機関に影響する可能性。最新の気象情報、交通情報を確認して下さい。

南岸低気圧 発達しながら東進中 東海で激しい雨を観測

画像A

今日12日(火)は、前線を伴った低気圧が、急速に発達しながら本州の南岸を東進し、夜には関東の東へ進む見込みです。前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、太平洋側を中心に活発な雨雲がかかっています。正午には三重県尾鷲市で1時間に47.0ミリの激しい雨を観測。三重県南伊勢町では1時間に38.0ミリと、3月1位の値を更新。14時現在、三重県や愛知県など東海地方で、1時間に20ミリ~30ミリの強い雨が降っています。

この活発な雨雲が、夕方からは関東にかかる見込みです。

激し雨や暴風のピークは夕方~夜の初め頃。交通機関に影響がでる可能性があります。低気圧の動きが比較的早いため、午後8時~9時には雨は止みますが、強い風は明日13日(水)昼頃にかけて注意が必要です。

台風並みの暴風に警戒

画像B

沿岸部を中心に台風並みの暴風に警戒が必要です。予想される最大瞬間風速は関東地方の海上・陸上・伊豆諸島ともに35メートルの予想です。これは、屋根瓦や看板が飛ばされるような非常に強い風です。

風のピークは夕方~夜ですが、明日13日昼頃にかけて、沿岸部を中心に強風に注意が必要です。

<風の予想>
12日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
関東地方の海上 25メートル(35メートル)
伊豆諸島    23メートル(35メートル)
関東地方の陸上 20メートル(35メートル)
13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
関東地方の海上 20メートル(30メートル)
伊豆諸島    20メートル(30メートル)
関東地方の陸上 15メートル(30メートル)

バケツをひっくり返したような激しい雨に警戒

画像C

関東は帰宅時間帯が荒天のピークとなりそうです。夕方から急に雨脚が強まり、沿岸部を中心に1時間に30ミリ以上のバケツをひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。

1時間に30ミリ以上の雨は、道路が川のようになり、短時間にアンダーパスなど低い土地が浸水するレベルの危険な降り方です。沿岸部を中心に暴風となるため、横殴りの雨に警戒が必要です。

高波に警戒

画像D

関東地方では12日夜のはじめ頃~夜遅くにかけてうねりを伴い大しけとなり、伊豆諸島では13日未明~昼前にかけて大しけとなる所があるでしょう。12日14時現在、千葉県北東部と南部、神奈川県の三浦市・横須賀市には「波浪警報」が発表されています。高波に警戒してください。

<波の予想>
12日に予想される波の高さ。
関東地方  6メートル うねりを伴う
伊豆諸島  5メートル
13日に予想される波の高さ
関東地方  5メートル うねりを伴う
伊豆諸島  6メートル