メイン画像

今日12日(火)、九州や中国・四国の雨は昼前に止んできました。晴れ間の出ている所もありますが、油断禁物です。上空の寒気の影響で、大気の状態が不安定。お帰り時間帯は、急な雨や雷雨にご注意下さい。

西日本 高知などで激しい雨

画像A

今日12日(火)は、前線を伴った低気圧が本州の南岸を東へ進んでいます。九州や中国・四国では、朝が荒天のピークで、高知県室戸市の佐喜浜では1時間に40.0ミリの激しい雨を観測。鹿児島など九州南部~和歌山県にかけて、1時間に20ミリ~30ミリの強い雨が降りました。

正午現在、活発な雨雲は紀伊半島にかかり、三重県尾鷲市で1時間に47.0ミリの激しい雨が降っています。

大気の状態不安定 お帰り時間帯 急な雨や雷雨に注意

画像B

低気圧の動きが比較的早いため、九州や中国・四国の雨は、昼前にはほとんどの地域で止み、晴れ間の出ている所もあります。

ただ、晴れ間が出ても油断禁物です。
13日(水)にかけて、九州など西日本の上空5500メートル付近には、平年より10℃以上低い、マイナス30℃以下の強い寒気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。夕方からは、雷が発生する確率が高くなっています。

このため、12日(火)昼過ぎ~13日(水)未明にかけて、局地的に積乱雲が発達。急な雨や落雷、竜巻などの突風、降ひょうに注意が必要です。

天気急変のサイン

画像C

天気急変のサインは、大きく3つ挙げられます。
① 「真っ黒な雲が近づいてきた」
ゲリラ豪雨をもたらすような、発達した積乱雲は、真っ黒に見えます。黒い雲が速いスピードで動いているように見えたり、晴れていたのに、急に空が暗くなったりするのも、ゲリラ豪雨のサインの一つです。
② 「雷の音が聞こえてきた」
ゴロゴロという音が聞こえてきたら、雷雲が近づいています。また、稲妻が見えるのも、ゲリラ豪雨のサインの一つです。
③ 「急に冷たい風が吹いてきた」
発達した積乱雲からは、雨粒とともに、冷たい風が勢いよく吹き降りてきます。風の変化にも、注意が必要です。

このような前兆を感じたら、すぐに安全な所へ避難してください。また、雷注意報が発表されている時や、天気予報で「大気の状態が不安定」、「天気が急変」という言葉を聞いた時には、ゲリラ豪雨の可能性がありますので、ご注意ください。