メイン画像

広くスギ花粉がピークを迎えています。東京都福祉保健局「東京都アレルギー情報navi.」のデータによりますと、東京都内のこれまでの花粉の飛散数は予測最大値の5割以下の所がほとんどで、まだ大量飛散が続きそうです。

東京都内 花粉の飛散量は予測最大値の5割以下の所が多い

上のグラフは今シーズンのスギ・ヒノキ花粉の予測最大値と1月4日〜3月7日までのスギ・ヒノキ花粉の飛散数との比較です。(東京都福祉保健局「東京都アレルギー情報navi.」のデータより、最新のデータがある青梅、八王子、多摩、町田、立川、府中、小平のデータをもとに作成)

予測最大値に対して、これまで(1月4日〜3月7日)の飛散数は、立川を除いて、予測最大値の5割以下となっています。青梅は5割とそろそろ折り返しですが、八王子や小平はまだ3割ほど、町田では2割程度となっています。

大量飛散の日が多い

画像B

来週も広くスギ花粉が飛散のピークが続き、大量飛散となる日が多いでしょう。

関東から四国では花粉の飛散量は「非常に多い」日が多い見込みです。マスクやメガネなどで万全な対策が必要です。九州ではスギ花粉の飛散のピークはそろそろ越えますが、まだ「多く」飛ぶ日が多いでしょう。引き続き対策をなさってください。

12日(火)は広く雨で、花粉の飛散は抑えられそうです。

スギ・ヒノキ花粉のピークはいつまで?

画像C

福岡はスギ花粉飛散の最盛期をそろそろ越えますが、高松・大阪・名古屋は3月半ば頃までスギ花粉の飛散のピークが続くでしょう。金沢は3月中旬、東京・仙台は3月下旬にかけてピークとなりそうです。特に、晴れて暖かい日や風が強い日は、花粉の飛散量が増えるので、万全な花粉対策を心がけて下さい。

また、ヒノキ花粉のピークは、3月下旬から4月上旬の所が多いでしょう。仙台はヒノキ花粉の飛散量は少なく、はっきりしたピークは現れない見込みです。