メイン画像

今日8日の関東や東北の太平洋側は午前を中心に雪や冷たい雨が降り、やんだあとも厳しい寒さが続いています。正午の気温は東京都心で6.2℃です。午後は日差しとともに気温が上がり、寒さは和らぐでしょう。土日は全国的に風が冷たくなりますが、週明けは気温がアップ。

関東 雪がやんでもなかなか気温上がらず 正午の都心は6℃台

画像A

今日8日(金)は、関東の東の海上を前線を伴った低気圧が発達しながら東へ進んでいます。
南岸低気圧の影響で、関東は午前を中心に雪や冷たい雨が降り、雪や雨がやんだあとも、なかなか気温が上がらず、震えるような寒さとなっています。正午の気温は、東京都心で6.2℃、水戸市は3.6℃です。
東北も太平洋側を中心に厚い雲に覆われ、気温が上がりにくくなっています。福島市は2.0℃、仙台市は1.4℃と低いままです。

一方、東海から西は太平洋側を中心に日が差していて、正午の気温は、名古屋市で11.3℃、大阪市で9.5℃、福岡市で10.7℃となっています。

午前中は気温が上がりにくかった関東も、午後は日差しともに気温が上がるでしょう。最高気温は10℃を超える見込みで、寒さが和らぎそうです。

土日は寒さ続く 週明けは気温アップ 春物準備を

画像B

明日9日(土)は、日本付近は冬型の気圧配置となるため、各地で冷たい北風が身にしみるような寒さとなるでしょう。東京都心は10℃を超えますが、大阪市など一桁どまりで、西日本でも厳しい寒さになりそうです。

明後日10日(日)は、冷たい風がおさまりますが、気温は平年よりやや低めの所が多いでしょう。土日の外出は防寒が欠かせません。暖かい服装を選んでください。

週明けは全国的に気温が上がり、春らしい気温になりそうです。12日(火)は再び低気圧が進んで天気が崩れますが、気温が高いため、雪ではなく雨の所が多いでしょう。

15日(金)は、九州から関東まで18℃前後となり、春本番の暖かさとなりそうです。週末は、春物の準備を進めておくと良いでしょう。