メイン画像

今朝(8日)、関東では沿岸部を中心に雪や雨が降っています。午前6時現在、横浜で1センチ、さいたまで3センチの積雪を観測しています。東京23区でも雪が降り、うっすら積雪となっている所があります。

東京23区でも積雪に 横浜・さいたまなども積雪を観測

画像A

今朝(8日)、関東甲信は、日本の東を急速に発達しながら北東へ進む低気圧の影響で、沿岸部を中心に雪や雨が降っています。

午前6時現在、横浜で1センチ、さいたまで3センチ、河口湖で1センチの積雪を観測しています。板橋区や江戸川区など東京23区でも雪が降り、うっすらと積雪となっている所があります。

朝の通勤・通学の時間帯がピーク

画像B

関東甲信は昼頃にかけて雪や雨が降るでしょう。朝の通勤、通学の時間帯がピークとなり、東京23区では多い所で5センチの降雪となる所がある見込みです。積雪や路面の凍結による交通機関への影響に注意が必要です。お出かけの際はあらかじめ交通機関からの情報を確認し、時間に余裕をもって行動するようにしてください。

慣れない大雪 特に注意すべき場所は?

画像C

普段、雪に慣れていない方が、雪道を歩く際、特に注意すべき所は4つあります。

1つめは、歩道橋の上や、橋の上です。地面と接していないので、地面からの熱が伝わりにくく、凍結しても溶けにくいのです。
2つめは、バスやタクシーの乗り降り場所です。人の乗り降りや、車のタイヤによって、雪が踏み固められると、滑りやすくなります。
3つめは、横断歩道です。多くの人や車が通ることで、雪が踏み固められやすくなるだけではありません。特に、白線部分は、水が染み込みにくく、薄い氷の膜が出来やすいのです。
4つめは、地下への出入り口や、建物への出入り口です。靴の底に付着していた雪が、出入り口付近に残っていることもあります。地下へ降りる時は、段差があるため、更に危険です。これらの場所は、特に気を付けて、歩いてください。