リアーナ、インドのプライベート・ウエディング・パーティーで約8年ぶりのフル・ライブを披露

 リアーナが、現地時間3月1日にインド・ジャームナガルで行われたアナント・アンバニとラーディカー・マーチャントのプレ・ウェディング・パーティーでステージに復帰した。

 リアーナは、7月12日にインド・ムンバイで正式に結婚する予定のアンバニとマーチャントのために行われた複数日にわたるお祝いの一環として、豪華なパーティでパフォーマンスを披露した。米AP通信によると、リアーナ、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、サンダー・ピチャイ、イヴァンカ・トランプ、そしてボリウッドの名俳優シャー・ルク・カーンを含む約1,200人がこのパーティに出席した。

 アンバニは、リライアンス・インダストリーズ社の会長兼最高経営責任者である億万長者ムケシュ・アンバニと、リライアンス財団の創設者であるニタ・アンバニの末息子。一方、マーチャントはアンコール・ヘルスケア社の最高経営責任者、ヴィレン・マーチャントと起業家のシャイラ・マーチャントの娘だ。

 「ライブは最高だった。本格的なライブは8年ぶりだよ」とリアーナはライブ終了後、パパラッチに囲まれながらカメラの前で語った。

 リアーナは【スーパーボウル】のハーフタイムショーと昨年の【アカデミー賞】でパフォーマンスを行ったが、2016年の【アンチ・ワールド・ツアー】以来、フル・コンサートは行っていない。報道によると、今回のイベントでリアーナは計19曲を披露した。

 アンバニ家は豪華な結婚式を挙げることで有名だ。例えば、ムケシュの娘イーシャが2018年に結婚した時には、ビヨンセがパフォーマンスを披露した。また、2019年に長男アカシュが結婚した時は、スイスで行われた結婚式前の行事で、コールドプレイのクリス・マーティンとザ・チェインスモーカーズがステージに登場した。