メイン画像

今日5日(火)は、西~東日本では冷たい雨が降っています。昨日4日(月)より気温は大幅に低く、真冬のような寒さとなっている所も多くなっています。明日も東京など関東では真冬のような寒さが続きますので、体調管理にご注意ください。

真冬のような寒さ

今日5日(火)は、二十四節気の「啓蟄」です。暦の上では冬の間、土の中で寒さに耐えていた虫や動物たちが土から出てくるころとされています。ただ、西~東日本では、前線を伴った低気圧や湿った空気の影響で、冷たい雨の降っている所が多くなっています。気温の上がり方も鈍く、13時の気温が東京都心7.8℃、名古屋5.2℃、大阪6.0℃、広島7.6℃、福岡11.1℃でした。昨日4日(月)の同じ時間の気温が、12℃~15℃と上着がいらないくらいの暖かさでしたので、より寒く感じていると思います。

明日も東京は真冬の寒さ

画像B

明日6日(水)になると、今日雨を降らせている低気圧や前線は日本の東に進むでしょう。九州や中国地方、四国では朝までには雨は止む見込みです。近畿や東海は昼ごろまで、関東から東北は夕方近くまで雨や雪が降るでしょう。

九州から東海にかけては、今日のような寒さは収まり、最高気温は13℃から15℃くらいまで上がる所が多いでしょう。鹿児島は19℃で4月上旬並みの予想です。一方、東京9℃と真冬並みの寒さでしょう。新潟、仙台は6℃、札幌1℃と厳しい寒さが続きそうです。体調管理には注意してください。