メイン画像

今日5日、九州は前線や低気圧の通過で各地で雨が降り、局地的に雷を伴い激しい雨のおそれがあります。落雷や竜巻などの激しい突風、雨の降り方にご注意下さい。雨の後、週の後半は再び寒の戻りがあるでしょう。来週にかけて天気は短い周期的に変わる見込みです。

5日午後も一時激しい雨

画像A

今日5日は前線が九州付近へのび、九州の広い範囲で雨が降りました。未明から明け方は鹿児島県屋久島町44.5ミリ、鹿児島県南大隅町39.0ミリと激しい雨が観測されました。

午前11時05分現在、活発な雨雲の中心は九州の東へ進み、九州はいったん雨が止んでいる所が多くなっています。

午後は前線上の低気圧が発達しながら九州南部付近を通過する見込みです。いったん雨が止んだ所も再び雨が降り、九州南部を中心に夜の初め頃にかけて雷を伴い局地的に激しい雨が降る見込みです。発達した積乱雲の下では落雷や竜巻などの激しい突風にご注意下さい。
また、九州北部の沿岸海上は北東から東の風が強く、九州南部は南西の風が強く吹くでしょう。九州の海上は全般に波が高く、しける所もあるでしょう。強風や高波にも注意が必要です。

雨の後は再び寒の戻り

画像B

雨の後、今週の後半は再び寒の戻りがあります。

明日6日は、前線が九州の南の海上へ南下し、大陸から高気圧が張り出すでしょう。九州は朝まで雨の所がありますが、日中は天気が持ち直す見込みです。気圧の傾きが大きいため、北から北東の風がやや強く、風が冷たくなるでしょう。海上は強風・高波が続きますのでご注意下さい。
9日(土)にかけて冬型の気圧配置で、寒気の流れ込みがやや強まる見込みです。週末にかけて大体晴れますが、風が冷たく、朝晩は冷え込みが強まります。山沿いや内陸部は遅霜のおそれがありますので、農作物の管理にご注意下さい。

来週11日(月)夜から12日(火)頃は次の低気圧の通過で雨が降る見込みです。