メイン画像

南岸低気圧の影響で、関東甲信地方は今日5日の午後から明日の6日の昼頃にかけて雨や雪が降るでしょう。沿岸部は活発な雨雲がかかり、激しい雨の降る所もありそうです。山地を中心に大雪の恐れもあります。

今日5日の午後から明日6日の昼頃にかけて雨や雪 激しい雨の所も

画像A

今日5日から明日6日にかけて前線を伴った低気圧が本州の南岸沿いを進むでしょう。

関東甲信地方は今日5日は天気が下り坂で、昼頃に南部から雨が降り出しそうです。夕方以降は北部でも雨や雪が降るでしょう。お帰りの時間帯は広く本降りとなりそうです。

明日6日の昼頃にかけて雨や雪が続き、沿岸部を中心に活発な雨雲がかかるでしょう。千葉県では明日6日未明から明け方まで局地的に激しい雨が降りそうです。風も強まりますので、朝の通勤・通学も大きめの傘があるが良いでしょう。

今日5日、明日6日ともに最高気温は10℃以下の所が多く、真冬のような寒さになりそうです。寒さ対策を万全になさってください。

山地を中心に大雪の恐れ

画像B

山地を中心に雪が降り、大雪となる恐れがあります。積雪による交通障害や路面の凍結に注意・警戒してください。電線に着雪し、停電が発生する可能性がありますので、懐中電灯や暖をとるものを用意しておくと良さそうです。

長野県や山梨県、群馬県では平地でも積雪となる所がありそうです。車の運転は路面状況の変化にご注意ください。

予想降雪量

画像C

明日6日6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で
関東地方北部の山地:30センチ
関東地方北部の平地:10センチ
箱根から多摩地方や秩父地方にかけて:10センチ
甲信地方:25センチ

その後、明日6日6時から明後日7日6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で、
関東地方北部の山地:20から40センチ
関東地方北部の平地:5から10センチ
箱根から多摩地方や秩父地方にかけて:1から5センチ
甲信地方:10から20センチ

雪道の運転 注意するポイントは

画像D

雪道で、車を運転する場合は、スノータイヤを装着し、急発進、急停車にならないよう、普段よりもゆっくり慎重に運転してください。車間距離は普段の倍以上とりましょう。トンネルの出入り口や橋の上などは路面が凍結しやすいため、特に注意が必要です。通行止めや渋滞の情報をあらかじめ確認してから出かけましょう。

2輪車(バイクや自転車)は転倒のおそれが非常に高いため、運転しないでください。公共交通機関を利用する場合は、間引き運転や減速運転により、普段より時間がかかり、混雑することが予想されます。運行情報や迂回ルートを確認してから行動してください。

大雪のピークが過ぎてないときに行動すると、大きなケガにつながったり、帰宅困難になったりします。慎重に行動してください。