アリアナ・グランデ、次のシングルのタイトルを明かす

 アリアナ・グランデによる待望の7thアルバム『エターナル・サンシャイン』の発売まであと1週間となったが、全13曲の収録曲うち、「we can't be friends」が次のシングルになることが明らかになった。

 現地時間2024年3月1日、30歳のアリアナはSNSに投稿した動画でこのニュースを発表した。映像の中で彼女は、不穏な待合室で、「あなたはこの決断を熟考し、この人物をあなたの記憶から完全に消す独占的な許可を“ブライター・デイズ・インク”に与えます」と書かれた同意書に目を通している。彼女は、「いいえ」のチェックボックスの上で一瞬ためらうが、最終的に「はい」にチェックマークを入れ、同意書に“Peaches”と署名している。その後、曲のタイトル「we can't be friends」と「近日公開」という言葉が画面に表示される。

 この曲は、今年1月に米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で首位となったヒット曲「yes, and?」に続く、『エターナル・サンシャイン』からの2ndシングルとなる。グランデは以前、アルバムに先駆けてさらなるシングルをリリースすることはないと語っており、「we can't be friends」はアルバムが発売される3月8日以降にリリースされる可能性が高い。

 今回の発表は、アリアナが『エターナル・サンシャイン』の全トラックリストを公開した3日後に行われた。このトラックリストによると、楽曲のフル・タイトルは「we can't be friends (wait for your love)」となっている。さらに、この際アルバムの唯一のゲストが、最終曲の「ordinary things」に参加しているノンナの愛称で知られるアリアナの祖母だということが明かされた。