笹川美和、新曲「青海原」配信リリース決定

  笹川美和が、新曲「青海原」を3月18日にデジタルリリースすることが決定した。

  佐渡ヶ島を舞台に紡がれる青く儚い物語が描かれた映画『舞倒れ』の主題歌になっている楽曲で「忘れられない景色と色があります。それは佐渡ヶ島大野亀のてっぺんから見た日本海です。眼前に広がる大海原と弧を描く水平線。何よりその時に見た海の色の青。畏怖の念を覚えるほど美しかった。まだ見ぬ未来へ向かう主人公にとっても、きっと特別で心強い存在になると思いました。私にとってそうである様に。『青海原』が、誰かの背中を押す曲になれば幸いです。」とコメントしており、さらに配信ジャケットとして使用されている写真については笹川自身が以前に佐渡ヶ島を訪れる際にフェリーから撮影した写真を使用している。

  また、今作のアレンジ/ピアノには林有三、ギターに設楽博臣という笹川美和の初期を彩っていたプレイヤーが久しぶりにタッグを組み、原点回帰とも言えるものでイントロの迫力含めて目を閉じると荒々しくもあり優しくもある日本海の絵が浮かんでくる、そんな仕上がりになっている。

  そして近年の笹川美和にとってライフワークともいえるプラネタリウム・ライブ【LIVE in the DARK】が今年も開催が決定。6月28日にコニカミノルタプラネタリウム天空にて【笹川美和 20th Anniversary LIVE in the DARK】と題し開催する。


◎リリース情報
シングル「青海原」
2024/3/18 DIGITAL RELEASE