メイン画像

東北地方は明日1日から3日にかけて冬の嵐になるでしょう。特に、冬型の気圧配置が強まる2日は日本海側で大雪となり、風が強くホワイトアウトする恐れもあります。交通機関への影響などに十分ご注意ください。

冬の嵐の原因は

画像A

冬の嵐の原因は、主に2つの低気圧です。
明日3月1日は、低気圧が発達しながら三陸沖を北上、夜には西高東低の冬型の気圧配置に変わるでしょう。
2日は冬型の気圧配置が強まって、日本海側で雪が強まり、明日夜からは日本海側で風も強く猛吹雪の恐れがあります。
3日は冬型の中で小さな低気圧が東北北部を通過、秋田・岩手県内を中心に局地的に雪や風が強まるでしょう。

1日 午前と午後で天気が変化

画像B

1日朝は各地で傘の出番です。低気圧に近い東北南部太平洋側は本降り・横殴りの雨になるでしょう。北部は岩手県沿岸部を中心に湿った雪が降る見込みです。先日ほどの大雪ではありませんが、山沿いの多い所は湿った重い雪が10~20センチ前後降りそうです。今夜も停電などに備えてください。
午後は冬型の気圧配置にかわり、太平洋側の天気は回復へ向かうでしょう。日本海側は広く雪が降り、山形県~福島会津で雪が強まりそうです。夜には風も強まり、場合によっては警報レベルの猛吹雪の恐れがあります。

2日 日本海側の大雪ピーク 交通影響に十分注意

画像C

2日は上空の寒気のピークで、日本海側は雪の一日になるでしょう。上の図は2日に予想される24時間降雪量の分布です。
日本海側の山沿いを中心に黄色やオレンジの表示があり、最も多い山形県~福島県の山沿いでは30~50センチ前後の降雪が予想されます。
日本海側を中心に強風や高波が続き、見通しがきかないような猛吹雪になる恐れもあります。不要・不急の外出はさけて、最新の気象情報・交通情報を確認してください。

3日 小さな低気圧で短時間の強い雪

画像D

3日朝から昼頃にかけて、小さな低気圧が東北北部を通過する予想です。秋田~岩手県内で局地的に雪の降り方が強まるでしょう。低気圧の接近に伴い、急激に天気が悪化するのが特徴で、進路にあたると短時間に積雪が急増する恐れがあります。
また、低気圧から南西に延びる弱い前線に伴って、山形県~福島会津方面でも午後は雨や雪の強まりや、落雷などの恐れもあります。低気圧の進路によって、雪の強まるエリアや時間も変わるため、最新の気象情報を確認してください。