メイン画像

明日29日(木)から明後日3月1日(金)にかけては急発達する南岸低気圧の影響で広く雨に。太平洋側を中心に発達した雨雲や雷雲がかかり、風も強まりそう。関東甲信の山沿いや東北では湿った雪になるでしょう。

明日29日(木) 西から天気が下り坂へ

画像A

明日29日(木)は、前線を伴った低気圧が九州南部を通過します。

九州は朝の通勤通学時には雨の降りだしている所が多く、夜にかけて広く本降りの雨となるでしょう。所々で雨脚が強まり、南部では昼頃から激しい雨や雷雨となる所がありそうです。
四国や中国地方も早い所では朝から雨で、次第に雨の範囲が広がります。夜は四国で雷を伴い局地的に激しく降るでしょう。
近畿は夕方から、東海や関東甲信、北陸も夜は雨が降りだします。朝、お出かけの際に雨が降っていなくても、雨具をお持ちになるとよさそうです。
東北も夜遅くには雨や雪の降りだす所があり、北海道も夜は所々で雪が降るでしょう。

明後日3月1日(金)

画像B

低気圧は明後日3月1日(金)の朝にかけて急速に発達しながら本州南岸を東進します。次第に冬型の気圧配置となり、風が強まるでしょう。

1日(金)、九州や四国は雨のやんでいる所が多く、日中は天気が回復に向かうでしょう。
中国地方や近畿、東海は、朝まで所々で雨が残りますが、雨の範囲は次第に狭くなりそうです。
関東甲信は、朝の通勤通学の時間は広く雨で、山沿いでは湿った雪が降るでしょう。日中は雨や雪がやむ見込みです。
北陸は雨で、山沿いは雪、東北も沿岸部は雨の所がありますが、内陸部を中心に雪になるでしょう。
北海道は、朝から雪の降りだす所があり、午後は広い範囲で雪が降りそうです。