ディープ・パープル、名盤『マシン・ヘッド』スーパーDXエディション日本盤が発売決定

 ディープ・パープルが、1972年に発表した『マシン・ヘッド』の日本盤デラックス・エディションを、4月24日にリリースすることが決まった。

 今作は『マシン・ヘッド:スーパー・デラックス・エディション』として海外では3月29日にリリースされるが、今回その日本盤が、輸入盤国内仕様でリリース。3枚のCDと1枚のアナログ盤、そしてBlu-rayからなるこのスーパー・デラックス・エディションの日本盤には、本体ブックレットに掲載されている英文ライナーノーツやドゥイージル・ザッパによるライナーノーツなどの完全翻訳に加え、アルバム収録曲の歌詞、対訳などを掲載した別冊ブックレットが同梱されるという。

 また、ドゥイージル・ザッパによる新たなステレオ・ミックスやドルビーアトモス・ミックスを含むアルバム『マシン・ヘッド』の様々なバージョンが収録される他、1974年当時のクアドラフォニック・ミックス(4chミックス)音源や最新リマスター音源なども収録。さらに、1972年3月9日にロンドンにあるパリス・シアターにて【マシン・ヘッド・ツアー】中にレコーディングされたパフォーマンス音源や、1971年4月にスイスのモントルー・カジノで行われた彼らのパフォーマンスをレコーディングした未発表のライブパフォーマンス音源も収録されている。

 今回新たなミックスを手掛けたドゥイージル・ザッパは、ライナーノーツの中で「これは、『どうやってこんなことを思いついたんだ?』と思うようなレコードの一つだ。ギターやキーボードにはクラシックの影響が見られるけど、同時にブルースの要素もあるし、ちょっとしたファンキーさもある。そして、史上最高のキラー・ボイスを持つシンガーがいる。コマーシャルで一般的な音楽とは聞えないような形でこれら全ての要素が一つの作品として組み合わされているにも関わらず、人々を興奮させる素晴らしい作品になっている。このレシピは、魅力的すぎるほどさ。」と語っている。


◎リリース情報
『マシン・ヘッド:スーパー・デラックス・エディション』
2024/4/24 RELEASE
(海外発売日 2024/3/29 RELEASE予定)
<輸入盤国内仕様日本盤(3CD+1LP+Blu-ray)>
WPZR-30990/4 16,500円(tax in)