シザ、ニュー・シングル「Saturn」をリリース

 シザが、現地時間2月22日に「Saturn」を米トップ・ドッグ・エンターテインメントと米RCAレコードよりリリースした。

 この気まぐれな楽曲は、シザが【グラミー賞】中に放映されたMastercardのCMで同曲を初披露してからおよそ3週間後に正式にリリースされた。CMでは、シザが魔法のような森でパフォーマンスし、森林再生を推進するMastercardの「Priceless Planet コアリション」を支持している。広告の最後でシザは「私たちが力を合わせれば、誰にも止めることのできない力になります。だからこそ、私はMastercardの世界中の森林を再生する使命をサポートしています。一緒に参加しましょう」と述べている。

 このCMは、現地時間2月4日に行われた【第66回グラミー賞】の授賞式で放映された。シザは今年の【グラミー賞】で最多の9部門にノミネートされ、<最優秀R&B楽曲>(「Snooze」)、<最優秀プログレッシブ・R&B・アルバム>(『SOS』)、<最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオ/グループ)>(フィービー・ブリジャーズとの「Ghost in the Machine」)の3部門で受賞した。

 「Saturn」は、シザ、カーター・ラング、ロブ・ビセル、ソロモノフォニック、モンスーンによって共同制作され、後者4人がプロデュースを担当した。楽曲は、シザが自分の周りのの世界に失望し、土星でやり直せたら人生はもっと良くなるのではないかと考える内容となっている。今作はオリジナル曲のほか、ライブ、スピードアップ、アカペラ、インストゥルメンタル・バージョンを含む計5曲入りのシングルとしてリリースされた。

 報道によると、「Saturn」はシザが近日公開予定の『SOS』のデラックス・バージョン『LANA』に収録される。『SOS』は2022年12月にリリースされ、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で首位デビューして以来、通算10週1位を獲得した。これは女性によるR&B/ヒップホップ・アルバムとして、マライア・キャリーのデビュー・アルバム『マライア』が1991年に11週首位を獲得して以来の最長記録となる。