パール・ジャム、ニューAL『ダーク・マター』の日本盤リリース決定

 パール・ジャムによる12枚目のアルバム『ダーク・マター』が2024年4月19日にリリースされると発表されたが、日本盤の発売も決定した。日本盤のみSHM-CD仕様となる。

 『ダーク・マター』のアルバム・パッケージは、Alexandr Gnezdilovによるライト・ペインティング・アートとなっている。ライト・ペインティングとは、長時間カメラの露出を調整し、暗闇に“描く”ために懐中電灯などを光源として使用することで画像が作られる写真芸術だ。アルバム・ジャケットのアートは、自作の大きな万華鏡を使用して創作された。一つ一つの文字は、光沢効果を出すために、特別設計の懐中電灯で空中に手書きしたものを捉えた。

 2023年、パール・ジャムのメンバー、エディ・ヴェダー(ボーカル)、ジェフ・アメン(ベース)、ストーン・ゴッサード(リズム・ギター)、マイク・マクレディ(リード・ギター)、マット・キャメロン(ドラム)は、米カリフォルニア州マリブにあるシャングリラ・スタジオで、プロデューサーのアンドリュー・ワットの指揮のもと、ただプラグインして、曲を演奏した。彼らは同じ空間で向かい合い、最高レベルの音のコミュニケーションを図った。インスピレーションが炸裂する中で作曲とレコーディングが進み、『ダーク・マター』はたった3週間で誕生した。

 その結果、『ダーク・マター』には、生涯のクリエイティブ仲間が一つの部屋で、命懸けで演奏をしたかのような気迫が宿っている。名高いキャリアの血と汗と涙とエネルギーの全てが刷新され、この一つのアルバムに注ぎ込まれたかのようだ。

 パール・ジャムは、【グラミー賞】の週に米LAの歴史あるライブハウス、トルバドールでアルバム試聴会を開催した。フロントマンのエディ・ヴェダーは、「色々と良い思い出があるから、ゾクゾクしてるよ。俺達は今でも、コミュニケーションの方法を探ろうとしているんだ。やる選択もやらない選択も可能になった人生のこの時期に、俺達は今でも、何か意味のある作品を出したいと思ってやっていて、このアルバムが俺達の最高傑作であることを願っている。大袈裟でなく、俺はこれが俺達の最高傑作だと思う」と語った。

 また、パール・ジャムは5月から25都市35公演のワールド・ツアーを開催することも発表している。

◎リリース情報
アルバム『ダーク・マター』
2024/4/19 RELEASE
UICY-16212 3,400円(tax incl.)