今週のCDアルバム売上レポートから2024年2月12日~2月14日の集計が明らかとなり、INIの『MATCH UP』が286,275枚を売り上げて首位を走っている。

 INIの2ndアルバムである『MATCH UP』には、シングルの収録曲やデジタル配信などでリリースされた「FANFARE」「DROP」「INItialize」「HANA_花」やリード曲の「LEGIT」を含む全12曲が収録されている。

 続いてTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのベストアルバム2作『16SOUL』と『16PRAY』がそれぞれ51,630枚と49,373枚を売り上げ、揃って現在2位と3位についている。

 また、西野カナのデビュー15周年を記念したベストアルバム『ALL TIME BEST ~Love Collection 15th Anniversary~』が22,508枚で現在4位を、三浦大知の約7年ぶりのオリジナルアルバム『OVER』が13,980枚を売り上げて現在5位をそれぞれ走っている。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2024年2月12日~2月14日の集計)
1位『MATCH UP』INI(286,275枚)
2位『16SOUL』THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(51,630枚)
3位『16PRAY』THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(49,373枚)
4位『ALL TIME BEST ~Love Collection 15th Anniversary~』西野カナ(22,508枚)
5位『OVER』三浦大知(13,980枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。