【ビルボード】“ニコニコ VOCALOID SONGS TOP20”、2023年最終週は原口沙輔「人マニア」16連覇、ゆこぴ「強風オールバック」急浮上
この記事の写真をすべて見る

 2024年1月3日公開(集計期間:2023年12月25日~2023年12月31日)のBillboard JAPAN”ニコニコ VOCALOID SONGS TOP20”で、原口沙輔「人マニア」が首位を獲得した。

 「人マニア」は、原口沙輔が2023年8月6日に投稿した自身初のVOCALOID楽曲。本チャートでは16週連続で1位に輝き、自身が保持している連続および通算首位記録をさらに更新した。ポイントの内訳を見ると、二次創作は前週と比べて減少したが、オリジナル動画は伸びた結果、総合ポイントが増加した。

 続く2位は、GYARI(ココアシガレットP)「花隈の歌は可愛いし小春六花はマジでうるさい」が初チャートイン。2023年12月29に投稿された本作は、音声ライブラリとして展開しているキャラクター、花隈千冬と小春六花を起用し、花隈千冬が歌う「ありきたりな恋の歌」に小春六花がリアクションするという独特な形に仕上がっている。

 そしてぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ「モ ミ ア ゲ ヲ シ ャ カ ア ゲ ヲ」が初登場し3位につけている。曲名に「モミアゲヲ」という単語をいれたいがために制作したという。モミアゲヲはネットで多くの逸話を残しているボカロPで、曲中にも大量なネタが含まれ、ニコニコ動画特有な文化を体現する楽曲となっている。

 また、ゆこぴ「強風オールバック」が当週で急浮上し5位につけている。2023年12月24日に開催された『M-1グランプリ』で本楽曲のパロディーCMが放映されたことや、12月26日にゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』にハロー、ハッピーワールド! による本楽曲のカバーが収録されたなどマルチメディアの展開により、再び注目を集めたと考えられる。


◎ニコニコ VOCALOID SONGS TOP10
1位「人マニア」原口沙輔
2位「花隈の歌は可愛いし小春六花はマジでうるさい」GYARI(ココアシガレットP)
3位「モ ミ ア ゲ ヲ シ ャ カ ア ゲ ヲ」ぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ
4位「きゅうくらりん」いよわ
5位「強風オールバック」ゆこぴ
6位「酔いどれ知らず」Kanaria
7位「春嵐」john
8位「フォニイ」ツミキ
9位「8番出口【非公式イメージソング】(フルver)」EO(エオ)
10位「のだ」大漠波新

暮らしとモノ班 for promotion
7/14更新:今年のAmazonプライムデーでバスケットボール選手・八村塁さんが狙うアイテムは?