メイン画像

関東は、明日2日(火)午後は所々でにわか雨。7日も雨の降る所がありそう。年始としては気温の高い日が多く、暖かさのピークは6日頃。その後は急に寒くなるため、寒暖差にご注意を。

天気の変化早い 2日(火)は沿岸部でにわか雨

画像A

関東は、明日2日(火)の昼頃までは晴れますが、気圧の谷の影響で次第に雲が広がるでしょう。午後は沿岸部を中心に、所々で雨が降りそうです。3日(水)もスッキリしない天気で、局地的に雨が降るでしょう。

明日2日(火)と3日(水)は、東京箱根間往復大学駅伝競走が行われます。コースの中では明日2日(火)の小田原周辺から箱根の山上りの区間で雨の降る可能性があります。尚、観戦に行く際には交通規制にご協力頂き、応援マナーを守って近隣の方にご迷惑がかからないようお願い致します。

4日(木)は、一時的に冬型の気圧配置に変わり、平野部は晴れるでしょう。北部の山沿いでは雪の降る所がありそうです。また、北よりの風が強まるでしょう。5日(金)はおおむね晴れて、冷たい風は収まりそうです。

6日(土)からは三連休ですが、7日(日)は気圧の谷が通過し、一時的に雨の降る所があるでしょう。次第に冬型の気圧配置に変わり、上空には寒気が流れ込みそうです。8日(月)成人の日は晴れても、冷たい風が吹きつけるでしょう。

6日(土)まで 1月としては暖かい

この先1週間も、この時期としては気温の高い日が多いでしょう。

明日2日(火)の朝は内陸部を中心に冷え込みますが、最高気温は12℃前後まで上がる所が多くなりそうです。3日(水)は13℃くらいまで上がる所が多いものの、雲が増えてくると空気が冷たく感じられるでしょう。その後、6日(土)までは最高気温が15℃を超える所もあり、春先のような陽気です。

7日(日)は次第に寒気が流れ込むため、時間が遅くなるほど寒くなるでしょう。最高気温は10℃に届かない所もあり、万全の寒さ対策が必要に。8日(月)成人の日は季節風が強まり、実際の気温よりも寒く感じられそうです。

気温と服装の目安

画像C

例年のお正月に比べると寒さはなく、着るものに迷うかもしれません。暑さ、寒さの感じ方は人により個人差があるものの、服装選びの参考にしてください。

気温が5℃から10℃だと、冬のコートでちょうど良いくらいです。ただ、同じ気温でも、北よりの風が強まる日はより寒く感じられます。また、日差し有無も、体感に大きく影響します。お出かけする時間帯に合わせて、服装でうまく調節をしてください。