ポルノグラフィティ×広島県のコラボプロジェクト始動、第1弾は新曲「アビが鳴く」
ポルノグラフィティ×広島県のコラボプロジェクト始動、第1弾は新曲「アビが鳴く」

 ポルノグラフィティと広島県のコラボプロジェクトが始動する。

 ポルノグラフィティのメンバーは1974年に広島県・因島に生まれ、高校を卒業するまでの18年間を広島の地で育ち、大阪でバンドを結成、1999年にメジャーデビューを果たした。その後も因島市が尾道市へ合併する際には、島の小中高生を無料招待したライブを開催し、2018年に尾道市で開催された【しまなみロマンスポルノ’18 ~Deep Breath~】では全国から約30,000人のファンを集め、その収益を平成30年7月豪雨災害(西日本豪雨災害)の復興支援に寄付するなど、故郷との繋がりを大切にしてきた。

 そんなポルノグラフィティと広島県のコラボプロジェクト第1弾となるのは、広島サミット応援ソング「アビが鳴く」。同曲は、同県出身アーティストの目線から世界へ向けたメッセージとなっており、5月31日に配信リリースとなるが、先立って1コーラスのリリックビデオが公開となった。MV(Message Video)は、SNSでハッシュタグ「#大切なひろしま」「#応募」と共に“大切なひろしま”を感じられる写真を募集する企画「メッセージtoひろしま」にて制作される予定。

◎岡野昭仁 コメント
大切な故郷広島が、世界にとっても大切な場所になることを願い歌った曲です。

◎新藤晴一 コメント
平和。歌にするには大きすぎるテーマですが、自分の言葉にしてみたらこうなりました。

◎リリース情報
シングル「アビが鳴く」
2023/5/31 DIGITAL RELEASE

◎映像情報
YouTube『ポルノグラフィティ「アビが鳴く」リリックビデオ』
https://youtu.be/ULANXRrdFkc