(写真はイメージ/Gettyimages)
(写真はイメージ/Gettyimages)

ビジネスの現場では、人前でハキハキと話せる「社交的な人」が有利だと思われがちです。しかし、台湾出身で、超内向型でありながら超外向型社会アメリカで成功を収めたジル・チャン氏の世界的ベストセラー『「静かな人」の戦略書──騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法』(神崎朗子訳)によると、「内向的な人」こそ、冷静さ・思慮深さ・協調性といったビジネススキルを兼ね備えているといいます。
内向型の生まれ持った強みを肯定し、勇気づける本書には、「目からウロコの内容に感動した」「自分らしく生きていけばいいと気づけた」と日本中から絶賛の声が集まっています。
今回は、読者から寄せられた仕事や人間関係の質問に対する、チャン氏の回答を公開します。(構成/根本隼)

「メンタルが超強くなる」すごい言葉とは?


読者からの質問 ジルさんが大切にしている言葉、格言を教えてください。

ジル・チャン氏 「深い川は静かに流れる」です。いま思えば、この言葉に出会えたのは、本当に運命的でした。

 いまは、ものごとをとにかく素早くこなすことが要求されますし、社会全体の移り変わりのスピードもとても早く、自分のペースで仕事をしたり、思考したりする重要性が軽視されがちです。

 なので、「現代社会に適合できないのではないか」「職場で能力を発揮できないのではないか」と、いつしか自分の資質を疑うようになってしまっていました。

 そんなときに、「深い川は静かに流れる」という格言に出会ったんです。

 これは、「思慮深い人ほど、静かに、穏やかに振る舞う」という意味で、まさに私が目指している生き方そのものでした。身のまわりになかなかロールモデルがいないなかで、自分のパーソナリティーを肯定してもらえたようで、本当に勇気づけられました。

 ちなみに、私の名前には「瀞」という字が入っていて、これも静かな水という意味です。「深い川は静かに流れる」という言葉には縁があるのかもしれませんね。


ここに紹介したことのほか、『「静かな人」の戦略書』では「静かな人」が持つ数々の長所と、それを十分に生かすさまざまな戦略を紹介しています。ぜひ参考にしてください。