大学選びに異変あり データサイエンス3大学「MUSYC」人気急騰!

AERA
 2019年度入試の結果が揃った。大学勢力図に異変が起きている。台風の目になったのはデータサイエンス。現在、日本国内でデータサイエンス学部があるのは3大学だけだ。ビッグデータ解析に欠かせないデータサイエンスに、学生も企業も熱い視線を送っている。

【表を見る】2019年度志願者数が増えた大学&減った大学はこちら

*  *  *
 昨年の夏休み直前、福井県の進学校、武生(たけふ)高校3年生だった河口泰士(たいし)さん(18)は大きな決断をした。理系から文系に転じる、いわゆる「文転」だ。

 理由は「滋賀大学データサイエンス学部に行くため」。それまで力を注いでいた難しい物理や化学は、同学部の受験に不要だからやらない。その代わり、同学部が掲げる「文理融合の学び」に備えて、社会科の勉強、とりわけ「現代社会」をしっかり勉強することにした。同大一本に絞る覚悟でのシフトだ。

「データサイエンス学部? え、そこが第1志望?」

 友人からは不思議がられたが、決意は揺るがなかった。データサイエンスに興味を持ったのは、高3に上がる直前、各界一流のプロの仕事を取材するNHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見たのがきっかけだ。「新しい仕事」を扱った回で、今世紀最も魅力的な職業として「データサイエンティスト」が取り上げられていた。日々生まれる膨大なデータを整理・分析し、ビジネスやスポーツ、医学などさまざまな分野に活用できるよう価値を見いだしていくのがデータサイエンティスト。その第一人者として大阪ガスに勤める河本(かわもと)薫さん(53)が紹介されていた。実際に活躍しているデータサイエンティストを初めて目にし、がぜん興味が湧いた。

「僕がやりたいのはこれだ!と確信しました」(河口さん)

 そこで受験校として急浮上したのが、2017年に日本で初めてデータサイエンス(以下DS)学部を創設した滋賀大だった。後日、入試の詳細を確認しようと改めてホームページを見て仰天した。なんと番組で見た大阪ガスの河本さんが、教授として同大に着任していたのだ。

「これは運命の巡り合わせに違いない」

 そう感じた河口さんは、河本教授の著書を読み込んだ上でAO入試にチャレンジし、見事合格した。入学してすぐ、河本教授の研究室を訪ね、著書にサインしてもらった。

「学生にサインを頼まれたのは初めてだと先生も笑っていました。1年生から参加できる自主ゼミもあるので、すごく楽しみです」(河口さん)

 いま、大学選びに異変が起きている。駿台教育研究所がまとめた「志願者が増えた大学ランキング」で今年、滋賀大が国公立大のトップに躍り出た。躍進に貢献したのは、前年比5割増と特に伸びが目立ったDS学部。

 志願者増ランキングで私立大トップになった武蔵野大も今年、DS学部を創設。定員70人に対し志願者1767人と25倍超の高倍率となった。

 現在、日本でDS学部があるのは、この2大学と横浜市立大(18年設置)のみ。横浜市立大学の志望倍率は今年で4倍超、昨年は7倍を超えた。


 DS学部の人気沸騰の背景にあるのは言うまでもなくビッグデータやAI(人工知能)に対する関心の高まりだ。DSは統計学や情報学に加え、社会課題やビジネスなど文系領域も横断的に学ぶ。これまでは基礎となる統計学を学びたくても、日本には「統計学部」が一つもなく、専門家も経済学部や工学部、理学部などに分散していた。そのことが、DS人材の育成がアメリカなどに比べて著しく遅れている要因とも指摘されてきた。

 アエラは今回、DSで勢いづく3大学を、武蔵野のMU、滋賀のS、横浜市立のYCをとって、MUSYC(ミュージック)と名づけた。これまでは東京大学を頂点とする偏差値ピラミッドで「旧帝大」「MARCH」「関関同立」などとグループ分けするケースが多かったが、駿台教育研究所進学情報事業部長の石原賢一さんによれば「偏差値による大学選びは終わりに向かっている」。MUSYCの台頭はその象徴とも言える。偏差値的には他大に行く選択肢もありながら、「データサイエンスを学びたい」という明確な意思でその大学を選んだ学生が多いからだ。

 それにしても、滋賀県彦根市という全国的にはマイナーな地にありながら、北海道や鹿児島などからも学生を引きつける滋賀大の強みは何なのか。

 特筆すべきは、日本ではDSを教えられる教員の絶対数がそもそも少ない中で、幅広い分野から第一線の研究者が集まっている点だ。大阪ガスから着任した前出の河本教授しかり。清水昌平教授(42)も看板教授の一人だ。専門は「統計的因果推論」。膨大なデータから、原因と結果の関係を見いだす「線形非ガウス非巡回モデル」を開発したことで知られる。そのほか、医学や社会学などの分野で活躍してきた教員もいる。

 こうした名うての研究者を束ねるのが、竹村彰通データサイエンス学部長(67)だ。竹村学部長は、東大大学院情報理工学系研究科で教鞭(きょうべん)をとり、日本統計学会会長も務めた重鎮だ。そんな大物を滋賀大に招聘(しょうへい)したのは佐和隆光・前滋賀大学長。長らく京都大学で経済学を教えた佐和氏は10年に滋賀大に転じたが、15年に文部科学省が文系学部の廃止・縮小方針を打ち出したことに猛反発。当時、経済学部と教育学部の2学部しかなかった滋賀大を存続の危機から救う一手として「日本初のDS学部構想」をぶち上げた。そして、東大経済学部のゼミの後輩で全幅の信頼を寄せる竹村氏に熱烈なラブコールを送ったのだ。

 幅広い分野の研究者が揃ったことは、「滋賀大モデル」ともいえる好循環を生み出すことにつながった。竹村学部長は言う。

「データを活用したい企業や団体から、受託研究や共同研究の依頼がひっきりなしに来るんです。研究分野がバラエティーに富んでいるので、『滋賀大に行けば相談に乗ってもらえるのでは』と期待されているようです」

 開設3年目にして連携する企業、自治体は100を超す。連携先と組むことによりコンサルティングなどの収入が急増し、18年度は7359万円に達した。この資金を元手にさらに優秀な教員を雇い入れた結果、1学年100人の学生に対し、現在教員は34人。年々予算が削減され、新たな教員を採用するのが難しいと嘆く国立大が多いなか、これは異例のことだ。

「データサイエンス実践論」などの授業に、企業で活躍するデータサイエンティストを頻繁に呼べるのも、多くの企業と連携する同大ならでは。1期生で現在3年生の河地卓哉さん(20)は言う。

「1、2年の時からほぼ毎週、ビジネスの最前線でデータがどう使われているのかを聞くことができました。将来は、自分たちもこんなふうに活躍できるんだというイメージが湧くので、モチベーションも高まります」

 企業にとっても、DSを専門に学ぶ学生は有望な人材として期待が大きい。インターンの特別枠を設ける企業も少なくない。河地さんも昨夏、大分にあるソニーグループの半導体工場で5日間のインターンを経験した。「ものすごく内容が濃かった」と満足している。

 データサイエンティストには、データを加工・処理し、分析・解析する理系的なスキルと、それらを使って実際の課題解決に結びつけていく文系的な「ビジネス力」が必要とされる。

■文理融合型の学問

 そのため、DS学部を置く3大学ともに「文理融合型のカリキュラム」を掲げるが、学び方に対する考え方は異なる。対照的なのは、横浜市立大と武蔵野大だ。前者は、理系的スキルを最初からがっちり積み上げることを狙う。後者は、「後から必要に応じて学べばいい」という立場だ。横浜市立大は入試でも数学の配点が高く、入学者の8割超が理系だ。滋賀大では理系が6割、武蔵野大では7割。

 横浜市立大が数学の素養を重視するのは、「理系をベースに文系の知識を身につけるほうが、その逆よりスムーズ」との考えからだ。

「当大学では、よりレベルの高いデータサイエンティストを育てたいと考えています」
 データサイエンス推進センター長の山中竹春教授はそう話す。

「データを処理・分析するツールを電子レンジに例えると、レンジを使えば誰でもある程度料理はできます。上位のデータサイエンティストは、どんな材料をどう切って混ぜるのかを一から考えられる人です」(山中教授)

 一方、武蔵野大データサイエンス学部長の上林憲行(かみばやしのりゆき)教授は「従来の統計学をベースにしたデータサイエンティスト像を打破したい」と意気込む。

「学生には、『データサイエンティストになるには数学ができないとダメ』という思い込みで、諦めてほしくない。だから門戸を広くしています」(上林教授)

 同大の入試では、数学なしで文系科目のみでの受験も可能だ。また、1年生の早い段階から、AIの活用に力を入れている。

「まずはツールを使って問題解決をする面白さを感じてほしい。理系的スキルを身につけるのは自分なりに解決したい課題を見つけてからでも遅くない。学び方自体も、アクティブラーニング型に転換しています」(同)

 今回紹介した3大学のように「DS学部」を名乗らなくても、多くの大学でDSを学べるコースを新設する動きが目立つ。中央大学理工学部のように学科を超えて学べるクラスター制を採用する大学もある。来年以降もDS関連学部・学科は注目株だろう。(編集部・石臥薫子)

※AERA 2019年5月13日号より抜粋

サイトで見る
続きを読む