人気バラエティー番組「日曜の初耳学」の12日放送回に、MEGUMIさんが出演します。タレント、俳優、ドラマのプロデューサーなど、多彩な活躍を見せるMEGUMIさんは、思春期男子のママでもあります。「思春期ですが、“反抗期”ではないですね」と話しますが、その背景には小学生時代から向き合い、話し合ってきた積み重ねがあるようです。プレ思春期ママ、必読のインタビュー。「AERA with Kids 2023年春号」(朝日新聞出版)から一部抜粋してお届けします。(この記事は2023年3月22日に配信した内容の再掲です。年齢、肩書などの情報は当時))

MENU イマドキ思春期はテンション低めです 中学受験を全力サポート 「やめる」なんて勘弁して! プレ思春期に見えた私の知らない息子の顔

イマドキ思春期はテンション低めです

 春から中3になる息子は、ここ数年でとても変わりましたね。急激に背が伸びて、声も変わり、同時に天真らんまんさのようなものが薄れました。親子の立場が逆転するような発言もあります。

 まさに思春期。といっても、反抗的ではありません。息子の友だちもそう。穏やかで、優しくて、テンションが低いなぁって感じることもあります。

 彼らは思春期の入り口でコロナ禍に突入した世代です。おしゃべりしちゃいけない、外出しちゃいけないって言われた影響はあると思います。リアルよりバーチャルが身近で、情報はたくさん知っているんだけど体験が圧倒的に少ない。だから言っていることは大人びて、妙に現実的なんだけど、「それは本当に正しいの?」と問われるとあやふやだったり……。

 大人になろうとする息子を尊重はしますけど、リアルを知る大人として教えるべきことは、まだたくさんあると思っています。情報が特に多い世代なので、親もちゃんと考えて、誠実に話さないと信用してもらえません。

 彼らが大人になったときは、きっと今よりさらにグローバル化が進むでしょう。だからこそ、誰かの言葉に振り回されるのではなく、自分の頭で理解して、自分の言葉で表現できる人になってほしいんです。

 ぶつかることもありますが、高校生になったら親子の時間は物理的にも減りますよね。ここから高校受験までの1年間は、うるさがられてもいいからしっかり向き合っていこうと思っています。

著者 開く閉じる
神素子
神素子
NEXT中学受験を全力でサポートしたけれど……
1 2 3