吉田羊「結婚するものだと思ってました」 ジェーン・スーと結婚・出産、迎えたい最期を語り合う (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉田羊「結婚するものだと思ってました」 ジェーン・スーと結婚・出産、迎えたい最期を語り合う

伏見美雪AERA
よしだ・よう/俳優。ドラマ・映画・舞台など、幅広く活動。現在放送中のドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系)でジェーン・スーにあたる蒲原トキコ役をつとめる じぇーん・すー/コラムニスト、作詞家、ラジオパーソナリティー。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』で講談社エッセイ賞受賞。本誌で「先日、お目に掛かりまして」連載中(撮影/写真部・加藤夏子)

よしだ・よう/俳優。ドラマ・映画・舞台など、幅広く活動。現在放送中のドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系)でジェーン・スーにあたる蒲原トキコ役をつとめる じぇーん・すー/コラムニスト、作詞家、ラジオパーソナリティー。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』で講談社エッセイ賞受賞。本誌で「先日、お目に掛かりまして」連載中(撮影/写真部・加藤夏子)

 ジェーン・スーさんのエッセーを実写化したドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』で主演を務める吉田羊さんが、AERA 2021年5月24日号でスーさんと対談。結婚・出産、人生の最期について語り合った。

【写真】ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」のワンシーンはこちら

*  *  *
スー:結婚や出産とかって、頭をよぎったことはあります?

吉田:もちろんあります。するものだと思ってました。

スー:そうなんですよね、おかしいですよね(笑)。

吉田:なぜこうなったのかなって思う部分と、まあそりゃそうだなって思う部分があって(笑)。

スー:わかる。一言一句、同意。

吉田:仕事を一番優先してきたし、仕事が一番楽しかったから、まあこうなるよねって。私の、出産してみたい、子どもを持ちたいって思いには、どこかお芝居に通じているところがあった。

スー:役の幅を広げるために?

吉田:そう。最初は違ったと思うけれど、いつのまにか、母親役をやるときにどんな感情の変化があるんだろうっていう好奇心に変わっちゃったんです。それは不健全だなって感じて、子どもが欲しいって思わなくなった。

ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」から、ジェーン・スーさんにあたる蒲原トキコを演じる吉田羊さん(左)、その父親・蒲原哲也役の國村隼さん (c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」から、ジェーン・スーさんにあたる蒲原トキコを演じる吉田羊さん(左)、その父親・蒲原哲也役の國村隼さん (c)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

スー:私たちが子どもの頃って、普通に真面目に生きていれば絶対結婚できるし子どもも持てると思ってましたよね。で、一生懸命ドブ板選挙みたいに毎日頑張ってきたのに、あれ、こういう毎日を送っていると子どもを持てないんだ、って。気がついたら、そんなに欲しいとも思っていないし。仕事しながら3人産んでる人とか、ほんとすごいと思う。

吉田:ほんとそうですよ、女優やりながらよく母親できるなと思いますもん。女優って、心がものすごく消耗しますから。人にかまえなくなるというか。

スー:そうでしょうねえ。

吉田:スーさんは、どんな最期がいいなと思ってますか?

スー:仕切り屋なんで、ある程度自分で決めて終わりたいかな。

吉田:ドラマにも出てくる叔母さん、「ばあば」みたいに?

スー:そうそう。ホームに入るなら入る、お墓はこうする、って。

吉田:迷惑を掛けたくないって気持ちがあるってことですか?

スー:そうです。吉田さんは?


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい