李禹煥と佐藤可士和が現代のアートを語る「芸術とは『生』の実感を呼び覚ますもの」

2022/10/02 17:00

 日本の現代美術で重要な「もの派」を代表する美術家・李禹煥(リ・ウファン)が、国立新美術館で大規模な回顧展を開催中だ。李を敬愛するクリエイティブディレクターの佐藤可士和とアートについて語り合った。AERA 2022年10月3日号から。

あわせて読みたい

  • 佐藤可士和が語るデザインと30年 SMAPのプロモーションでつかんだ「手ごたえ」とは?

    佐藤可士和が語るデザインと30年 SMAPのプロモーションでつかんだ「手ごたえ」とは?

    AERA

    3/5

    夫に対する妻の印象は「失礼で最悪」 それでも結婚した佐藤可士和夫妻

    夫に対する妻の印象は「失礼で最悪」 それでも結婚した佐藤可士和夫妻

    週刊朝日

    2/8

  • 建築家・安藤忠雄が自身の美術館に込めた哲学とは

    建築家・安藤忠雄が自身の美術館に込めた哲学とは

    週刊朝日

    5/2

    Snow Man・深澤辰哉が表紙とインタビューに登場! 「一番近くにいる人」でいたい/AERA9月26日発売

    Snow Man・深澤辰哉が表紙とインタビューに登場! 「一番近くにいる人」でいたい/AERA9月26日発売

    9/26

  • 広告業界最前線で活躍する、アートディレクターの仕事とは?

    広告業界最前線で活躍する、アートディレクターの仕事とは?

    BOOKSTAND

    5/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す