ヤングケアラー、中学生でケアを理由に進学を諦める場合も 早期発見と支援の重要性

2022/09/16 11:00

 家族の介護やケア、家事などを担っている子ども「ヤングケアラー」。深刻化すると進学を諦めるなどの影響もでる。それだけに早期発見が重要だが、そもそも誰がヤングケアラーなのか把握しにくい問題が立ち塞がる。どのように気付き、必要な支援は何なのか。現場の声を聞いた。AERA 2022年9月19日号の記事を紹介する。(前後編の後編)

あわせて読みたい

  • 孤立を深めるヤングケアラー 祖父の介護を担う女子高生「友だちに話したことがない」

    孤立を深めるヤングケアラー 祖父の介護を担う女子高生「友だちに話したことがない」

    AERA

    9/15

    ヤングケアラーはなぜ支援を妨げられるのか 「相談しても名前は明かせない」「子どもの食事は提供できない」…立ちはだかる法律の壁

    ヤングケアラーはなぜ支援を妨げられるのか 「相談しても名前は明かせない」「子どもの食事は提供できない」…立ちはだかる法律の壁

    dot.

    8/1

  • 9月号大阪大学人間科学研究科教授 村上靖彦 Murakami Yasuhiko「なんで私、こんな苦しいんやろう」――ヤングケアラーの語りから見えるもの

    9月号大阪大学人間科学研究科教授 村上靖彦 Murakami Yasuhiko「なんで私、こんな苦しいんやろう」――ヤングケアラーの語りから見えるもの

    9/2

    悩める10代へ届け ブレイディみかこ初の長編小説で貧困、ヤングケアラーを描く

    悩める10代へ届け ブレイディみかこ初の長編小説で貧困、ヤングケアラーを描く

    AERA

    8/17

  • 中学時代に親が若年性認知症に…介護を手伝う子どもの胸中は?

    中学時代に親が若年性認知症に…介護を手伝う子どもの胸中は?

    AERA

    11/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す