「一人で死ね」は自分に返る「『死刑になりたくて…』」著者が感じた希死念慮の行方

2022/08/24 08:00

 東京・秋葉原で17人を無差別に殺傷した加藤智大死刑囚の死刑が執行された。『「死刑になりたくて、他人を殺しました」』の著者が、無差別殺傷と市民感情、社会について考えた。AERA 2022年8月29日号の記事から。

あわせて読みたい

  • 「死刑になりたくて」はなぜ起こる 無差別殺傷犯の聞き役に徹して見えた「生々しい心理」

    「死刑になりたくて」はなぜ起こる 無差別殺傷犯の聞き役に徹して見えた「生々しい心理」

    AERA

    8/23

    刑務所に入りたいから殺人を犯す――。「新幹線無差別殺傷事件」の取材から浮き彫りになる、犯人の動機や思考

    刑務所に入りたいから殺人を犯す――。「新幹線無差別殺傷事件」の取材から浮き彫りになる、犯人の動機や思考

    BOOKSTAND

    11/24

  • 【書評】「擬態して生きる女たち」…インベカヲリ★の『私の顔は誰も知らない』

    【書評】「擬態して生きる女たち」…インベカヲリ★の『私の顔は誰も知らない』

    週刊朝日

    6/28

    「大和西大寺駅」と「平城京」 安倍元首相銃撃事件で識者が見た“新しさ”と“歴史の皮肉”

    「大和西大寺駅」と「平城京」 安倍元首相銃撃事件で識者が見た“新しさ”と“歴史の皮肉”

    AERA

    7/16

  • 川崎19人殺傷事件 怒りが「置き換え」によって子どもたちに向けられた 精神科医が分析

    川崎19人殺傷事件 怒りが「置き換え」によって子どもたちに向けられた 精神科医が分析

    dot.

    5/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す