止まらない円安の原因は「日米の金利差」 円よりドルを預けた方が得

2022/06/21 08:00

 円安に歯止めがかからない。6月15日には1ドル135円台半ばまで下落し、実に24年ぶりの水準になった。なぜ円安が急速に進んでいるのか。AERA 2022年6月27日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • フジマキ氏「米国の利上げは最後ではない」日米の“金利差”シナリオとは?
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    フジマキ氏「米国の利上げは最後ではない」日米の“金利差”シナリオとは?

    週刊朝日

    3/22

    円安はどこまで進むのか 専門家が夏場までに“140円程度”、秋以降は“円高”と予想するワケ

    円安はどこまで進むのか 専門家が夏場までに“140円程度”、秋以降は“円高”と予想するワケ

    週刊朝日

    6/27

  • フジマキ「現状は非常事態のはず」 政治家が肝に銘じる言葉とは
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    フジマキ「現状は非常事態のはず」 政治家が肝に銘じる言葉とは

    週刊朝日

    2/17

    バブル期と似ている? 米国経済から予測する日本経済の今後
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    バブル期と似ている? 米国経済から予測する日本経済の今後

    週刊朝日

    5/19

  • 日本で進む「脱デフレ」は“悪いインフレ” 景気悪化にインフレが重なる“スタグフレーション”の危機も

    日本で進む「脱デフレ」は“悪いインフレ” 景気悪化にインフレが重なる“スタグフレーション”の危機も

    AERA

    5/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す