「働き盛り」の老化危機、救世主なるか 究極のエクササイズ「タバタトレーニング」とは?

2022/01/15 08:00

 いつまでも若々しい人は、同じ年齢でも「体内年齢」が違うという。特に40代からは筋力量の低下が始まるだけに、その差が生まれやすい。コロナ禍で運動不足ともなればなおさらだろう。AERA 2022年1月17日号は、体内年齢を下げるための運動法を紹介する。

あわせて読みたい

  • 松本潤さんがAERAの表紙に登場!巻頭特集は「体内年齢を下げる」/1月8日発売

    松本潤さんがAERAの表紙に登場!巻頭特集は「体内年齢を下げる」/1月8日発売

    PR TIMES

    1/7

    筋トレで体温を上げれば「免疫」「代謝」アップ! 効果的な「まき割りスクワット」専門家が伝授

    筋トレで体温を上げれば「免疫」「代謝」アップ! 効果的な「まき割りスクワット」専門家が伝授

    AERA

    11/21

  • 「スポーツ栄養学」はいまやスポーツ界の常識?  取り入れて成功したチームとは?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    「スポーツ栄養学」はいまやスポーツ界の常識?  取り入れて成功したチームとは?

    dot.

    5/25

    瞬発系のチーターと持久系の人間とは筋肉の質が違う 筋肉のうんちく4連発

    瞬発系のチーターと持久系の人間とは筋肉の質が違う 筋肉のうんちく4連発

    AERA

    9/28

  • ダラダラ「1万歩」は「何もしない」人と大差なし!? 筋力・持久力アップに効くのは「速歩き」

    ダラダラ「1万歩」は「何もしない」人と大差なし!? 筋力・持久力アップに効くのは「速歩き」

    AERA

    10/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す