夫婦の関係は「アクセルとブレーキ」 職場は夫の育児参画にも柔軟に対応

夫婦

2021/12/17 17:00

【妻】妻 笠井花奈依[26]ナリス化粧品 兵庫工場 充填包装課:かさい・かなえ◆1995年、神戸市生まれ。高校卒業後、2014年にナリス化粧品に入社。兵庫工場に配属後、設備担当業務に6年間従事。1年半の産休・育休を経て復帰し、現在は時短勤務で事務仕事をしている/【夫】夫 笠井俊公[26]ナリス化粧品 兵庫工場 充填包装課:かさい・としひと◆1995年、徳島県生まれ。高校卒業後、2014年にナリス化粧品に入社。妻の第1子出産後に、1カ月弱の育児休業を取得し、第2子妊娠時の2カ月間は、時間単位の有休を使いながら勤務。兵庫工場では機械オペレーション業務を担当
【妻】妻 笠井花奈依[26]ナリス化粧品 兵庫工場 充填包装課:かさい・かなえ◆1995年、神戸市生まれ。高校卒業後、2014年にナリス化粧品に入社。兵庫工場に配属後、設備担当業務に6年間従事。1年半の産休・育休を経て復帰し、現在は時短勤務で事務仕事をしている/【夫】夫 笠井俊公[26]ナリス化粧品 兵庫工場 充填包装課:かさい・としひと◆1995年、徳島県生まれ。高校卒業後、2014年にナリス化粧品に入社。妻の第1子出産後に、1カ月弱の育児休業を取得し、第2子妊娠時の2カ月間は、時間単位の有休を使いながら勤務。兵庫工場では機械オペレーション業務を担当

 AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年12月20日号では、ナリス化粧品・充填包装課に所属する笠井花奈依さん、同じくナリス化粧品・充填包装課に所属する笠井俊公さん夫婦について取り上げました。

*  *  *

 夫22歳、妻22歳のときに結婚。長女(2)と3人暮らし。

【出会いは?】同期として入社後、3カ月間の研修期間でペアになった。
【結婚までの道のりは?】研修を通してお互いのことを知るようになり、交際へと発展。1年間の同棲を経て夫がプロポーズした。
【家事や家計の分担は?】家事については、洗濯は夫、たたむのは妻、などとお互いの得意、不得意で役割分担している。財布は一つで妻が管理。

妻 笠井花奈依[26]ナリス化粧品 兵庫工場 充填包装課

 かさい・かなえ◆1995年、神戸市生まれ。高校卒業後、2014年にナリス化粧品に入社。兵庫工場に配属後、設備担当業務に6年間従事。1年半の産休・育休を経て復帰し、現在は時短勤務で事務仕事をしている

 高校生の時、就職活動の一環で会社見学をしにいったときに、顔がタイプの男性がいたのですが、その人が夫でした。同期入社となって驚きましたね。

 夫に興味があったのでよく話しかけていたのですが、明らかに嫌な顔をされ……(笑)。ガンガン来るタイプが苦手だったようです。転機が訪れたのは新人研修で夫とペアになったこと。お互いの内面を知っていくと、次第に「この人以外に結婚は考えられない」と思うようになりました。

 来年には第2子が生まれる予定です。安定期前のつわりが重い時、夫は時間単位の有休を取得し、長女の世話や家事をしてくれました。とても心強く、ありがたかったです。

 私は今の部署では育休を経て復帰した女性の第1号です。入社8年目となり、後輩の女性は30人ほどになりました。私は昔から「働く上で誰かの目標になりたい」と思っています。女性の後輩たちには仕事面だけではなく、生き方においてもサポートできる人になりたいと思っています。

1 2

あわせて読みたい

  • 「家庭が新たなチャレンジのエンジンになった」 アパレル企業で出会った夫婦の選択

    「家庭が新たなチャレンジのエンジンになった」 アパレル企業で出会った夫婦の選択

    AERA

    6/18

    アパレルショップの店長とコーヒー店の店長として出会った夫婦 それぞれの得意分野で共同オーナーに

    アパレルショップの店長とコーヒー店の店長として出会った夫婦 それぞれの得意分野で共同オーナーに

    AERA

    10/29

  • 出会いは、夫が来日した際に足を運んだレストランで イタリア菓子が結んだ夫婦の縁

    出会いは、夫が来日した際に足を運んだレストランで イタリア菓子が結んだ夫婦の縁

    AERA

    2/16

    「化粧品難民」続出中 “何がいいかわからない”から脱する方法

    「化粧品難民」続出中 “何がいいかわからない”から脱する方法

    週刊朝日

    12/24

  • 【ニッポンの課長】コーセー「化粧品を包む“魔力”」

    【ニッポンの課長】コーセー「化粧品を包む“魔力”」

    AERA

    12/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す