早慶トップ対談“脱ライバル”で進める連携 「データ科学のリカレント教育」も視野

2021/12/09 08:00

 日本の私学を代表する早稲田大学と慶應義塾大学。永遠のライバルと言われる両校の総長・塾長が、少子化時代に向けて連携を深めていくと語り合った。AERA 2021年12月13日号は「早稲田と慶應」特集。

あわせて読みたい

  • 国際化は早稲田のほうが進んでいる? 早慶学長対談で上がった“課題”

    国際化は早稲田のほうが進んでいる? 早慶学長対談で上がった“課題”

    週刊朝日

    9/1

    早稲田vs慶應、令和はどっちが有望? 徹底比較

    早稲田vs慶應、令和はどっちが有望? 徹底比較

    週刊朝日

    3/23

  • “早稲田vs.慶應義塾”両大学の真の実力をAERAがデータであぶり出す! 繰り返しインタビューした記者が書くジャニー喜多川さんの「遺言」も

    “早稲田vs.慶應義塾”両大学の真の実力をAERAがデータであぶり出す! 繰り返しインタビューした記者が書くジャニー喜多川さんの「遺言」も

    9/6

    健全性は早稲田、成長性は慶應 初の本格的財務分析で見えた「真の実力」

    健全性は早稲田、成長性は慶應 初の本格的財務分析で見えた「真の実力」

    AERA

    9/11

  • 12月6日発売のAERAは巻頭で「早稲田と慶應」を特集/田中愛治総長と伊藤公平塾長の「初対談」も掲載

    12月6日発売のAERAは巻頭で「早稲田と慶應」を特集/田中愛治総長と伊藤公平塾長の「初対談」も掲載

    12/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す