映画監督・脚本家、岨手由貴子 出産、移住…すごろくのように自分の人生が進むことで新しい映画が撮れる

AERA<現代の肖像>

2021/10/31 17:00

 映画監督・脚本家、岨手由貴子。映画「あのこは貴族」は、見えにくい日本社会の階層や格差を描き、話題となった。TAMA映画賞も受賞した。この映画を監督したのが岨手由貴子。脚本制作では、富裕層の暮らしが分からず、200回以上、書き直した。子育てと仕事の両立を考えたとき、東京では暮らせないと、金沢に移住した。普通の暮らしの、普通の感覚が映画を撮る鍵になる。

あわせて読みたい

  • 門脇麦×水原希子 「自分を縛っているのは自分自身」。出演映画を通じて現代の生きづらさを語り合う

    門脇麦×水原希子 「自分を縛っているのは自分自身」。出演映画を通じて現代の生きづらさを語り合う

    AERA

    2/13

    「割と空っぽな」名脇役・山中崇「未熟って言葉はすごくいいな」

    「割と空っぽな」名脇役・山中崇「未熟って言葉はすごくいいな」

    週刊朝日

    7/2

  • 時代とともに変わるジェンダー・ギャップを知る40作品 映画を学ぶ学生や上野千鶴子さんらが選んだ過去と現在のリアル

    時代とともに変わるジェンダー・ギャップを知る40作品 映画を学ぶ学生や上野千鶴子さんらが選んだ過去と現在のリアル

    AERA

    12/4

    俳優で自活できそうだというめどが立ったのは? 山中崇「今もないです」

    俳優で自活できそうだというめどが立ったのは? 山中崇「今もないです」

    週刊朝日

    7/2

  • 大橋トリオが主題歌を務める映画『グッドストライプス』、5月30日より公開

    大橋トリオが主題歌を務める映画『グッドストライプス』、5月30日より公開

    Billboard JAPAN

    3/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す