適応障害は7月こそ要注意 「誰でも発症する可能性ある」医師が警鐘

2021/07/15 08:00

 著名人らの「適応障害」報道を横目に、「自分だけは大丈夫」と思っていませんか。実は「今の時期、今の状況」は適応障害がより発症しやすいという。ストレスをためこむとだれでも発症する可能性があります。AERA 2021年7月19日号は「適応障害」特集。

あわせて読みたい

  • 職場の適応障害、上司の「無知」で症状悪化…「精神論」など四つのNG対応

    職場の適応障害、上司の「無知」で症状悪化…「精神論」など四つのNG対応

    AERA

    7/15

    「6月病」重症化でうつ病リスクも…なりやすい人の特徴は?

    「6月病」重症化でうつ病リスクも…なりやすい人の特徴は?

    AERA

    5/31

  • 適応障害はサボりと出社を強要されたら? ストレスの元凶の上司、職場から逃げる方法
    筆者の顔写真

    西野一輝

    適応障害はサボりと出社を強要されたら? ストレスの元凶の上司、職場から逃げる方法

    dot.

    7/2

    うつ病患者の3分の1が発症 「双極性障害」の怖さとは?

    うつ病患者の3分の1が発症 「双極性障害」の怖さとは?

    週刊朝日

    4/12

  • 自殺、妄想…危険度高まる「高齢者のうつ」 認知症との違いは?

    自殺、妄想…危険度高まる「高齢者のうつ」 認知症との違いは?

    週刊朝日

    5/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す