高齢者大規模接種の避けられないリスク カギは「予診」と「人数」「滞留時間」

AERAオンライン限定

2021/05/20 07:00

 国際的なワクチン接種の遅れが指摘されるなか、日本での高齢者向けの大規模接種の受け付けが始まった。東京都医師会の尾崎治夫会長は、7月末までの接種完了は「不可能ではない」とするが、大規模接種に懸念を示す。センターに収容する人数と滞留時間、そして暑くなる時期の熱中症……。高齢者には個別接種を活用すべきでは、と語った。

あわせて読みたい

  • 自衛隊の接種隊長を直撃!菅首相肝いりの大規模接種センターの予約ガラガラ問題【現場ルポ】

    自衛隊の接種隊長を直撃!菅首相肝いりの大規模接種センターの予約ガラガラ問題【現場ルポ】

    dot.

    6/10

    がんで免疫力が低下した母親のためにも私が…「ワクチン打ちたくても打てない」若者の絶望感

    がんで免疫力が低下した母親のためにも私が…「ワクチン打ちたくても打てない」若者の絶望感

    dot.

    8/19

  • ワクチン接種率1位は和歌山 最下位の三重からは想定外の答え

    ワクチン接種率1位は和歌山 最下位の三重からは想定外の答え

    週刊朝日

    6/2

    武田総務相から「7月末に高齢者ワクチン接種終了命令」全国の知事、首長が怒り心頭【メール入手】 

    武田総務相から「7月末に高齢者ワクチン接種終了命令」全国の知事、首長が怒り心頭【メール入手】 

    dot.

    4/30

  • 菅総理”乱心”でワクチン1万人接種センターぶち上げ クラスター、人手不足など問題山積み

    菅総理”乱心”でワクチン1万人接種センターぶち上げ クラスター、人手不足など問題山積み

    dot.

    4/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す