志願者数は立教大が“一人勝ち”、早大の看板学部は30%減 入試改革が分けた明暗

大学入試

2021/04/04 08:02

 大学入学共通テストの初年度となった2021年度入試では、早稲田大学をはじめ有力な私大が独自入試改革も実施した。ただ、志願者数だけを見ると明暗が分かれた格好だ。AERA 2021年4月5日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 激変する私大入試、早大政経・青学・上智・立教が導入する新方式の明暗

    激変する私大入試、早大政経・青学・上智・立教が導入する新方式の明暗

    AERA

    8/2

    立教大の「女子志願者」比率が急上昇 2つの理由とは?

    立教大の「女子志願者」比率が急上昇 2つの理由とは?

    dot.

    7/19

  • 名門・青山学院大の志願者数が前年比3割以上激減 それでも大学が「強気」な理由は?

    名門・青山学院大の志願者数が前年比3割以上激減 それでも大学が「強気」な理由は?

    dot.

    5/28

    早稲田に青学…私大文系で科目数増やし「国公立化」の動き 大学の思惑はどこに

    早稲田に青学…私大文系で科目数増やし「国公立化」の動き 大学の思惑はどこに

    AERA

    9/26

  • 上智大「偏差値70以上」の合格者比率が増加も、“実”志願者の減少が止まらないのはなぜ?

    上智大「偏差値70以上」の合格者比率が増加も、“実”志願者の減少が止まらないのはなぜ?

    dot.

    7/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す