発達に「特性」がある子に心がけたい声かけとは? 厳しいしつけは逆効果

ADHD

2021/03/19 11:30

ADHD(注意欠如・多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム症)、LD(学習障害)、ギフテッド……。子どもの発達過程や得意不得意は、一人一人違って当たり前ですが、発達障害やその傾向があるグレーゾーンの子にはなおさら、周囲が特性を理解し、適切な声かけをすることが大切になってきます。「AERA with Kids春号」(朝日新聞出版)では、長年多くの親子の発達支援にかかわってきた臨床発達心理士の吉野加容子さんに、発達に「特性がある子」への声かけのポイントをうかがいました。

あわせて読みたい

  • 実は知らない「ほめ方・叱り方」の正解 子どもの自己肯定感を高める声かけとは?

    実は知らない「ほめ方・叱り方」の正解 子どもの自己肯定感を高める声かけとは?

    AERA

    3/5

    <傾向ごとに解説>発達障害の傾向があるわが子 家庭ではどうやってサポートする?

    <傾向ごとに解説>発達障害の傾向があるわが子 家庭ではどうやってサポートする?

    AERA

    5/22

  • 「うちの子ADHD?」親がとるべき6つの対応法

    「うちの子ADHD?」親がとるべき6つの対応法

    dot.

    1/20

    「垂直比較」に「水平認識」? 男の子を伸ばす3つのポイントを開成の校長が伝授!

    「垂直比較」に「水平認識」? 男の子を伸ばす3つのポイントを開成の校長が伝授!

    dot.

    11/27

  • ユーチューブがやめられない8歳の息子、朝起きられず遅刻も… 叱責や罰よりやるべきこと 専門家が解説

    ユーチューブがやめられない8歳の息子、朝起きられず遅刻も… 叱責や罰よりやるべきこと 専門家が解説

    dot.

    5/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す