「温室効果ガス排出ゼロ」を目指すも自然エネルギーに立ちはだかる「送電線の容量不足問題」「先着優先ルール」 試される政府の本気度

2021/01/01 08:02

 秋田県にかほ市に建つ市民風車「夢風」は、首都圏4都県の生活クラブ生協の組合員からの寄付を得て建てられたものだ。首都圏に毎年1300世帯分の電力を届けるが、それだけでなく、寄付をした首都圏の人々とにかほ市民との交流のきっかけにもなっている。今春には2基目の建設も決まったが、一方で課題もあるという。AERA 2020年12月28日-2021年1月4日合併号で取り上げた。

あわせて読みたい

  • 秋田県にかほ市に建つ“特別”な風車「夢風」 電力とともに地域と首都圏の交流も生み出す

    秋田県にかほ市に建つ“特別”な風車「夢風」 電力とともに地域と首都圏の交流も生み出す

    AERA

    1/1

    日本の再生可能エネルギー、その可能性と現実

    日本の再生可能エネルギー、その可能性と現実

    BOOKSTAND

    8/10

  • 送電線容量はガラガラなのに自然エネルギー締め出しが続く理由

    送電線容量はガラガラなのに自然エネルギー締め出しが続く理由

    週刊朝日

    2/8

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    週刊朝日

    1/17

  • 災害に強い再生エネルギーの宝庫である九州に原発は必要なのか?

    災害に強い再生エネルギーの宝庫である九州に原発は必要なのか?

    週刊朝日

    4/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す