ネアンデルタール人の遺伝子がコロナ重症化の原因 リスク3倍、東アジアとアフリカはほとんどなし

新型コロナウイルス

2020/11/15 07:02

 現在の人類と一時は共存し、4万年前に絶滅したネアンデルタール人。私たちの体内にある彼らの遺伝子が、新型コロナの重症化と深く関わっていた。AERA 2020年11月16日号で掲載された記事を紹介。

あわせて読みたい

  • 加速する新型コロナ “ワクチン開発”競争 モデルナがいよいよ3万人の臨床試験へ

    加速する新型コロナ “ワクチン開発”競争 モデルナがいよいよ3万人の臨床試験へ

    週刊朝日

    7/28

    5万年前、4種以上の人類が存在した? 骨の発掘とDNAの分析で解き明かす

    5万年前、4種以上の人類が存在した? 骨の発掘とDNAの分析で解き明かす

    AERA

    6/20

  • そして最後にヒトが残った

    そして最後にヒトが残った

    1/29

    ワクチン効かなくなる可能性も…ゲノム医療の第一人者が警鐘を鳴らす「コロナ強毒化」

    ワクチン効かなくなる可能性も…ゲノム医療の第一人者が警鐘を鳴らす「コロナ強毒化」

    週刊朝日

    6/2

  • 期待集めるRNAワクチンの実態 温度管理の厳しい条件で輸送や保存に制約

    期待集めるRNAワクチンの実態 温度管理の厳しい条件で輸送や保存に制約

    AERA

    11/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す