小説家・北野武の原点 混沌のなか芸人になることを決めた「あの日の空は広かった」

2020/11/11 11:32

 昨年末から、立て続けに5冊を出版した北野武。コロナ禍でさまざまな活動が停滞するなか、“小説家”北野武の執筆意欲が旺盛だ。最新作『浅草迄』で描かれたのは原点だった。AERA 2020年11月16日号から。

あわせて読みたい

  • 北野武「バカヤローって言えないほうが、おかしいじゃねえか」 コロナ禍に芸人として思うこと

    北野武「バカヤローって言えないほうが、おかしいじゃねえか」 コロナ禍に芸人として思うこと

    AERA

    11/10

    柳楽優弥、劇団ひとりの手のひらの上で踊る ビートたけしに挑み、「闘って、そして勝てた」

    柳楽優弥、劇団ひとりの手のひらの上で踊る ビートたけしに挑み、「闘って、そして勝てた」

    AERA

    12/13

  • 「現代ホスト界の帝王」ローランドさんがAERAの巻頭に登場「逆境マネジメント」を語る/井ノ原快彦さんと道枝駿佑さんの対談も掲載

    「現代ホスト界の帝王」ローランドさんがAERAの巻頭に登場「逆境マネジメント」を語る/井ノ原快彦さんと道枝駿佑さんの対談も掲載

    11/6

    出会いは“ストリップ劇場” モロ師岡夫妻の下積み時代

    出会いは“ストリップ劇場” モロ師岡夫妻の下積み時代

    週刊朝日

    11/13

  • 「憎しみはいつか、愛に裏返る」妻の“名言”にモロ師岡困る!?

    「憎しみはいつか、愛に裏返る」妻の“名言”にモロ師岡困る!?

    週刊朝日

    11/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す