河瀬直美が新作映画で描く家族のかたち 血のつながりより一緒に暮らすことで「家族になる」

2020/10/19 17:00

「特別養子縁組」をテーマにしたヒューマンミステリー「朝が来る」。辻村深月さんの原作を河瀬直美監督が映画化した。母である二人が考えた、母になるとは、家族とは──。河瀬監督と辻村さんが語りあった、AERA 2020年10月19日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 【「本屋大賞2016」候補作紹介】辻村深月『朝が来る』で描かれる、生みの母と育ての母、それぞれの葛藤

    【「本屋大賞2016」候補作紹介】辻村深月『朝が来る』で描かれる、生みの母と育ての母、それぞれの葛藤

    BOOKSTAND

    2/11

    養子に出した子どもに実親が“プレゼント”贈る意味とは あっせん団体が語る養子縁組の実情

    養子に出した子どもに実親が“プレゼント”贈る意味とは あっせん団体が語る養子縁組の実情

    AERA

    10/20

  • 樹木希林が河瀬直美監督へ言った「そのまま奈良にいたほうがいい」の真意とは?

    樹木希林が河瀬直美監督へ言った「そのまま奈良にいたほうがいい」の真意とは?

    週刊朝日

    10/27

    映画『朝が来る』の河瀬監督が伝えたい“家族の形”と“未来の扉”

    映画『朝が来る』の河瀬監督が伝えたい“家族の形”と“未来の扉”

    週刊朝日

    10/27

  • 実子でなくても親になる 養子を選択した夫婦たち

    実子でなくても親になる 養子を選択した夫婦たち

    AERA

    8/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す