姜尚中「菅-安倍の『共鳴度』はどのぐらい? 新首相は忍び足で“脱安倍路線”を進める可能性も」

姜尚中

2020/09/16 07:00

 政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。

あわせて読みたい

  • 姜尚中「自民党の『コップの中の争い』で『パンドラの箱』が開く可能性がある」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「自民党の『コップの中の争い』で『パンドラの箱』が開く可能性がある」

    AERA

    6/9

    姜尚中「岸田新総裁が掲げる中間層の復権 アベノミクスを葬ることができるか」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「岸田新総裁が掲げる中間層の復権 アベノミクスを葬ることができるか」

    AERA

    10/6

  • 姜尚中「民への愛が欠落した菅政権 自宅療養問題を解消しないまま行動制限の緩和へ」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「民への愛が欠落した菅政権 自宅療養問題を解消しないまま行動制限の緩和へ」

    AERA

    9/22

    姜尚中「『排除の党』に変質した自民党 菅首相の不出馬で派閥力学は変わるのか」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「『排除の党』に変質した自民党 菅首相の不出馬で派閥力学は変わるのか」

    AERA

    9/8

  • 姜尚中「菅政権の『ピント外れ』は安倍時代にも原因あり 今こそ雇用最優先に立ち戻るべき」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「菅政権の『ピント外れ』は安倍時代にも原因あり 今こそ雇用最優先に立ち戻るべき」

    AERA

    1/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す