一碗まわし飲みするお茶の文化、どう守る? 千宗屋<現代の肖像>

現代の肖像

2020/09/13 16:00

 450年以上の歴史を持つ武者小路千家。祖は千利休である。伝統を受け継いできたこの茶家に、千宗屋さんは生まれた。小さなころから神社仏閣が大好きで、千さんが培ってきた豊富な知識は、今、美術界や出版界からもひっぱりだこに。だが、厳しい状況にもある。コロナ禍において、一碗で濃茶をまわし飲みするお茶の文化を、どう守っていくのか。

あわせて読みたい

  • 岩田健太郎「世界を知らない」という自覚が感染症のプロを生んだ<現代の肖像>

    岩田健太郎「世界を知らない」という自覚が感染症のプロを生んだ<現代の肖像>

    AERA

    9/2

    語り手の感情を引き出し、言語化していく 久保田智子<現代の肖像>

    語り手の感情を引き出し、言語化していく 久保田智子<現代の肖像>

    AERA

    8/18

  • 夜空をキャンバスにした、世界初の人工流れ星の開発目指す 岡島礼奈<現代の肖像>

    夜空をキャンバスにした、世界初の人工流れ星の開発目指す 岡島礼奈<現代の肖像>

    AERA

    7/27

    表でも裏でもない “武者小路千家”の秘密

    表でも裏でもない “武者小路千家”の秘密

    週刊朝日

    3/15

  • 「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    週刊朝日

    1/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す