岩田健太郎「世界を知らない」という自覚が感染症のプロを生んだ<現代の肖像>

2020/09/02 16:00

 ダイヤモンド・プリンセス号の感染症対策を告発する動画を公開し、一躍知られるようになった。「失敗したことではなく、責任者が失敗と向き合えないことが問題だ」とこの国の本質的な問題を突く。真実を前に一切忖度しない感染症の専門医は第一人者か、アウトサイダーか。
AERA 2020年9月7日号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。

あわせて読みたい

  • 戦時下で多くの命を奪った「脚気」が感染症と疑われた理由
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    戦時下で多くの命を奪った「脚気」が感染症と疑われた理由

    週刊朝日

    11/27

    ワインラバーな感染症屋が考える「アルコール発酵」の偉人 微生物学が関係する理由
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    ワインラバーな感染症屋が考える「アルコール発酵」の偉人 微生物学が関係する理由

    週刊朝日

    10/30

  • 千円札の顔・北里柴三郎「一家に一匹猫を」 現役医師が語る、医学者としてあっぱれな生涯とは?
    筆者の顔写真

    早川智

    千円札の顔・北里柴三郎「一家に一匹猫を」 現役医師が語る、医学者としてあっぱれな生涯とは?

    AERA

    4/13

    「もやしもん」作者が描く菌をプロ絶賛! 菌だけで「ゴルゴ13」くらいいける?

    「もやしもん」作者が描く菌をプロ絶賛! 菌だけで「ゴルゴ13」くらいいける?

    dot.

    4/15

  • 「おかしな主張だけど当時は正しかった」は科学の常 感染症屋が考える“学説”とは?
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    「おかしな主張だけど当時は正しかった」は科学の常 感染症屋が考える“学説”とは?

    週刊朝日

    11/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す