東大大学院教授が語るポストコロナ「入試偏重から卒業重視型へ」 究極的には入試廃止も!?

2020/08/28 09:00

 これまで日本の大学では入学は難しく、卒業は比較的容易というのが普通。だが、こうした慣例が、コロナを機に変わる可能性があるという。AERA 2020年8月31日号から、柳川範之・東京大学大学院教授が語る。

あわせて読みたい

  • 休校中の韓国で家庭教師を雇う富裕層も 「教育格差」の懸念からオンライン教育広がる

    休校中の韓国で家庭教師を雇う富裕層も 「教育格差」の懸念からオンライン教育広がる

    AERA

    4/27

    究極のリストラ? 「40歳定年制」の発案者・柳川範之東大大学院教授が語る

    究極のリストラ? 「40歳定年制」の発案者・柳川範之東大大学院教授が語る

    週刊朝日

    8/4

  • 京大「受験会場は当日まで秘密」九大「入試阻止」…機動隊が出迎えた半世紀前の大学入試

    京大「受験会場は当日まで秘密」九大「入試阻止」…機動隊が出迎えた半世紀前の大学入試

    dot.

    8/28

    内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    dot.

    4/24

  • なぜ大学閉鎖なのにGoToはあり? 1年生に深まる孤立と不満「後期もオンラインなら心が折れる」

    なぜ大学閉鎖なのにGoToはあり? 1年生に深まる孤立と不満「後期もオンラインなら心が折れる」

    AERA

    9/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す