【武漢書簡01】新型コロナで武漢市民が怒りの告白「ウイルスに注意喚起した医師の死」 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【武漢書簡01】新型コロナで武漢市民が怒りの告白「ウイルスに注意喚起した医師の死」

連載「私はウイルス——武漢ロックダウン日記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月30日に李文亮医師が同僚らに発した微信のメッセージ(インターネットから)

2019年12月30日に李文亮医師が同僚らに発した微信のメッセージ(インターネットから)

武漢の病院で奮闘する看護師(インターネットから)

武漢の病院で奮闘する看護師(インターネットから)

 新型コロナウイルスによる肺炎が流行した武漢で、作家の方方氏が発表し続けた日記が世界の注目を集めた。温和で、中国共産党の権威に挑むものではまったくなかったが、流行を食い止められなかったことについて責任を追及する考えを示しただけで、中国国内で2カ月にわたり数千万のネットユーザーの袋叩きに遭い、脅迫を受けた。この「私はウイルス――武漢ロックダウン日記」は、方方氏と同じく武漢で暮らす一般市民の男性「阿坡(A.PO)」が、中国共産党を批判する反省の書として記したものだ。「一人の健全な精神を持つ中国人」として、世界に向けてお詫びの気持ちを示したいという。手記は、2020年2月26日、昨年12月に「原因不明の肺炎」についていち早く警告を発した医師の死を知ったところから始まる。

【写真】武漢の病院で奮闘する看護師

*  *  *

■2020年2月6日 ウイルスに注意喚起した医師の死

 2020年2月6日午後10時すぎ、「環球時報」の微博(ウェイボー=中国のSNS。フェイスブックやツイッターのようなコミュニケーションツール。中国では一般に海外のSNSは利用できない)に、「内部通報者」李文亮医師が午後9時30分武漢中心病院で救急処置の甲斐なく死亡したという情報が流れた。

 私は目を涙で潤ませながらこの情報をシェアしたが、そこに「対不起(ごめんなさい)」の3文字を書き加えた。震えるほどの驚き、胸が痛むほどの残念さと同時に私がまず感じたのは「ごめんなさい」だったからだ。

 しかし、それはネット上にあっという間に湧き上がった「彼らは李医師にお詫びしてしかるべきだ、われわれは李医師に感謝してしかるべきだ」という反応とは異なるものだった。私は、個人としてではなく中国人全体が李医師に対しお詫びしてしかるべきだと思ったのだ。なぜなら、この私を含む中国人全体が長らく無視し、仕方がないと許し、黙認し、賛美さえしたでたらめな体制が李医師を殺したのだから。

■新型ウイルスの注意喚起

 彼は2019年12月30日、微博の友人グループ内で同僚らに新型コロナウイルスについて注意喚起を行った8人の医師の一人。その後、当局の取り調べを受けた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい