午前と午後の「おやつ」で無理なくやせる! 空腹を感じず“無意識食べ”を防ぐ効果も (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

午前と午後の「おやつ」で無理なくやせる! 空腹を感じず“無意識食べ”を防ぐ効果も

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅野陽子,中島晶子,藤井直樹AERA#ダイエット
※写真はイメージ(撮影/写真部・高野楓菜)

※写真はイメージ(撮影/写真部・高野楓菜)

 ダイエットでは間食はタブー視されがちだが、むしろ食べた方が必要以上に食べ過ぎないなどそのメリットは多いという。AERA 2020年7月20日号は実践者に聞いた。

*  *  *
 管理栄養士で『おやつを食べてやせ体質に! 間食ダイエット』の著書がある森由香子さん(57)も、起床から14時間以内にすべての食事をとることをすすめる。そのうえで、森さんがすすめるのは、午前と午後の間食だ。

「間食によって空腹感が満たされ、必要以上に食べ過ぎることがなくなります。ただし、お菓子を食べるのではなく、フルーツや乳製品でビタミンやカルシウムなど、不足しがちな栄養素を補うことが大切です」

 午前の間食にはビタミンや食物繊維を含んだフルーツを、午後はカルシウムの吸収率が高まることから乳製品をとるといいという。また、「なぜ食べたいのか」を考え、その理由に応じて食べるものを選択することが大切だ。

「食べるスピードも大切。ダラダラと食べ続けず、少量をしっかり味わって5分以内に食べ終わってください」(森さん)


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい