専門家が指摘「スーパー南海地震」 茨城から沖縄、フィリピンを襲う想定被害規模とは?

2020/07/13 08:00

 懸念されている巨大地震、南海トラフ地震。「いつ起きてもおかしくない」と指摘する専門家の声もある。だが、地震は単体ではなく連動して大地震を引き起こす可能性もあるという。AERA 2020年7月13日号では「地震」と「水害」を徹底調査。災害列島に生きる私たちは、真剣に考えたい。

あわせて読みたい

  • 「南海トラフ地震」の予兆あり 複数が連動すればM10規模、津波犠牲者47万人も

    「南海トラフ地震」の予兆あり 複数が連動すればM10規模、津波犠牲者47万人も

    AERA

    5/4

    関東で相次ぐ地震は「首都直下地震の予兆」と専門家 北海道は3.11超えリスクも

    関東で相次ぐ地震は「首都直下地震の予兆」と専門家 北海道は3.11超えリスクも

    週刊朝日

    6/13

  • 山梨、和歌山…相次ぐ地震は大地震の「前震」か 東日本大震災も3年前に岩手で

    山梨、和歌山…相次ぐ地震は大地震の「前震」か 東日本大震災も3年前に岩手で

    AERA

    12/14

    相模トラフM8クラスの巨大地震が東京に与える激震「震度7」の脅威

    相模トラフM8クラスの巨大地震が東京に与える激震「震度7」の脅威

    AERA

    11/26

  • 迫る南海トラフ巨大地震と富士山噴火 「密」環境で避難所パニックも

    迫る南海トラフ巨大地震と富士山噴火 「密」環境で避難所パニックも

    週刊朝日

    1/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す