再生医療で犬のヘルニア克服へ 脂肪組織で作る「DFAT」から神経細胞ができた

動物

2020/07/11 16:00

 損傷した犬の中枢神経を、脱分化脂肪細胞「DFAT」から再生できる──。日本大学の杉谷博士元教授ら共同研究チームが神経細胞を作ることに成功した。AERA 2020年7月13日号から。

あわせて読みたい

  • 腰痛の85%はX線に写らない? 知られざる首、腰、ひざのトラブル対処法

    腰痛の85%はX線に写らない? 知られざる首、腰、ひざのトラブル対処法

    週刊朝日

    10/31

    正しい姿勢を心がけている?ヘルニアは腰だけじゃない!首でも起こる

    正しい姿勢を心がけている?ヘルニアは腰だけじゃない!首でも起こる

    dot.

    8/24

  • 脊髄損傷で下半身が麻痺! 「二度と再生しないと」いわれてきた中枢神経系の再生能力を引き出す臨床研究

    脊髄損傷で下半身が麻痺! 「二度と再生しないと」いわれてきた中枢神経系の再生能力を引き出す臨床研究

    dot.

    6/18

    腰痛やしびれ…男性に多い椎間板ヘルニア 新たな注射薬で7割が症状改善

    腰痛やしびれ…男性に多い椎間板ヘルニア 新たな注射薬で7割が症状改善

    dot.

    5/6

  • 腰痛を招く「狭窄症」と「ヘルニア」 2大疾患の基本と治療法

    腰痛を招く「狭窄症」と「ヘルニア」 2大疾患の基本と治療法

    週刊朝日

    10/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す