水害に「今まで大丈夫だった」は通用しない 埼玉、東京、福岡…浸水リスクが高い自治体

2020/07/07 11:30

 記録的な豪雨に見舞われた九州南部。熊本県では球磨川など河川の氾濫や土砂崩れが相次いだ。毎年のように起きる予測不可能な記録的豪雨。もはや水害はどこで起きても不思議ではない。それでも注意すべき危険性が高い場所は存在する。過去の事例からも裏付けられるその特徴とは。AERA 2020年7月13日号では「水害」と「地震」を徹底調査。その中から、ここでは集中豪雨と水害について解説する。

あわせて読みたい

  • 過去20年で洪水浸水リスクが高い地域に「人」と「家」が急増 住宅開発制限が必要か

    過去20年で洪水浸水リスクが高い地域に「人」と「家」が急増 住宅開発制限が必要か

    AERA

    7/15

    浸水想定区域に住む人は3500万人 神奈川、滋賀などベッドタウンで「住む場所なくなり浸水想定区域に」

    浸水想定区域に住む人は3500万人 神奈川、滋賀などベッドタウンで「住む場所なくなり浸水想定区域に」

    AERA

    8/28

  • 今年も豪雨に警戒を! 「水害自治体ランキング」に見る発生地域の共通点

    今年も豪雨に警戒を! 「水害自治体ランキング」に見る発生地域の共通点

    週刊朝日

    6/13

    西日本豪雨でわかった想定外の「全国の危ない住宅地」治水対策を歪めた安倍自民党 

    西日本豪雨でわかった想定外の「全国の危ない住宅地」治水対策を歪めた安倍自民党 

    週刊朝日

    7/17

  • 2020年、豪雨災害はどこで起きるのか? 被害増加に安倍政権の“国土弱体化”政策を指摘する声も

    2020年、豪雨災害はどこで起きるのか? 被害増加に安倍政権の“国土弱体化”政策を指摘する声も

    dot.

    1/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す